新宿中村屋、建て替えのため休業 14年秋まで

印刷

   東京・新宿の「中村屋」本店が、建物の老朽化に伴う建て替え工事のため2011年10月19日の営業を最後に休業に入ると発表した。

   中村屋は1909年から102年にわたって現在の場所で営業を続けており、いまのビルは1958年に完成したもの。和洋菓子の販売のほか、インドの独立運動家ラス・ビハリ・ボースが伝えた「純印度式カリー」でも知られる。

   休業期間は2014年秋までの予定。その間は隣接する新宿高野ビル6階に設けた仮店舗でレストランの営業を続ける。菓子類については、今後周辺の店舗や通信販売での取り扱いを計画している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中