弟子をゴルフクラブで殴るも事件性無し 春日野部屋

印刷

   大相撲・春日野部屋の春日野親方(元関脇・栃乃和歌)が弟子を2011年10月14日にゴルフクラブで殴っていたことが分かった。匿名のタレコミが警視庁本所警察署にあり、事情聴取したところグルジア出身の幕内・栃ノ心(24)と幕下力士2人に暴力を振るったことを認めたという。ただし本所署は事件性がないとみている。11年10月17日に親方から経過報告を受けた日本相撲協会も処分はしない方針。

   親方は3人の弟子が門限を破ったり、浴衣を着ずに外出を繰り返したため激怒。ゴルフクラブのグリップ部分で腹や背中、臀部を叩いたほか、張り手や蹴りを見舞わせたという。弟子たちは規則違反をしたことを反省していて被害届は出さない。親方も指導の一環ではあったがやりすぎた、と反省しているという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中