平野復興相「バカ」発言 辞任取りざたされるほどのことなのか

印刷

   津波避難で「同級生みたいに、逃げなかったバカ」――。平野達男震災復興相が民主党会合でしたこの発言が許されるのか、ネット上で議論になっている。

   平野達男復興相の発言は、福島県二本松市で2011年10月18日にあった参院民主党「新緑風会」研修会のあいさつであった。奇しくもこの日は、規制値ぎりぎりの放射性セシウムが玄米の予備検査で検出された二本松市で、本検査をクリアした米が初出荷されたときだった。

「口に出しちゃいけない」非難の声も

   壇上に立った平野復興相は、過去の津波経験から安全だと考えた場所に20~30人が集まったものの、そこに津波が来てのみ込まれたケースがあることを紹介した。そして、次のように、波紋を呼んだ発言をした。

「逆に、私の高校の同級生みたいに、逃げなかったバカなやつがいます。まあ、そういった人たち、彼は亡くなりましたけれども、バカなやつと今言ってもしようがないですけどね。そういったことも全部、1つ1つ検証して、次の震災に役立てることが、もう1つの大きな課題だと思っています」

   この発言をする間、平野氏は終始、にこやかな表情だった。最初の「バカなやつ」は、声をうわずらせ、次の「バカなやつ」では、笑う仕草をみせた。

   平野氏の発言は、被災者への配慮に欠けているとして、一部で「進退問題の可能性」と報じられ、ネット上でも、非難の声が出た。

   「そう思っても口に出しちゃいけない」「公の場の挨拶でなんでこんなこと言うの?こいつこそ馬鹿だろ」「大臣として時と場を弁えないのは稚拙」…

   笑う仕草をみせたことについては、「これは擁護できんわ・・・」といった声も漏れた。

   一部報道では、被災者が怒りの声を上げていることを紹介している。野党も責任追及の構えで、自民党の大島理森副総裁は、「どういう理由にしろ亡くなった方を『バカ』という表現は、大臣として許されざる言葉だ」と批判した。

友を失った無念さが口を突いただけ?

   一方で、葬儀などでは、亡くなった友を「バカ野郎~。何で死んでしまったんだ!!」と嘆き悲しむことはおかしくない光景だ。こうしたことから、ネット上では、友を失った無念さが口を突いただけとの指摘も相次いでいる。

   「愛憎こめた『バカ』だろ」「これがアウトなら友人知人に対してありとあらゆる席で同等の発言出来なくなる」「つまらない言葉狩り」…

   平野達男復興相が笑う仕草をみせたことについては、「そんな馬鹿にしてる感じには見えんけどなぁ・・?」「号泣しながらだったら印象も違っただろうにねぇ」と擁護する声も出ている。

   平野達男復興相は、研修会後にマスコミに対し、発言の真意を釈明した。

「この間の同級会なんかでもそういう話で、『あいつはバカだった。何で逃げなかったんだ』ということをちょっと言ったんですが、そのときの思いが今日の中に出てしまいまして…。冷静に客観的にしゃべらなくちゃならないところに個人的な思いが入ってしまいました」

   亡くなった同級生は当時、岩手県陸前高田市で歯科医をしており、逃げる時間は十分にあったと説明した。本人は「大丈夫だ、大丈夫だ」と言っていたと聞いているといい、「逃げれば逃げられたのに」との思いがあったという。

   ここでもにこやかな表情だったが、「不快な思いをされた方には、心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

   藤村修官房長官は、2011年10月19日の会見で、「言葉を慎重に選んでほしい」と平野氏に注意したことを明らかにした。ただ、「前後の発言を考えれば一般的にも理解できる」として、進退を問わない意向を明らかにしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中