タイの洪水、日系自動車9社の工場停止 部品の調達も困難に

印刷

   タイの洪水被害で、日系自動車メーカーの工場はすべて操業停止に追い込まれた。日本自動車工業会の志賀俊之会長(日産自動車最高執行責任者)は2011年10月20日の記者会見で、タイの洪水被害による日系自動車メーカーへの影響について、「現地工場が停止しているのは9社にのぼっている。全体で1日あたり6000台分(の生産)に影響がある計算になる」と述べた。

   トヨタ自動車やホンダ、日産自動車などが工場を停止しているのに加えて、19日には三菱ふそうトラック・バスが、三菱自動車も20日から停止した。

   被害を受けた部品メーカーも増えており、すでに稼働を停止しているメーカーはその期間の延長を迫られている。日産は28日まで停止期間を延長することを決めた。志賀会長は「工場を停止している9社のうち8社は部品の調達不足によるもの」と話している。

   部品メーカーは代替生産などを検討しているが、部品の供給が止まれば、インドネシアなど周辺国で操業中の工場への影響も懸念される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中