「キログラム」の国際基準、約120年ぶりに見直しへ

印刷

   フランスにある国際機関の国際度量衡局は2011年10月21日、パリで行われた総会で、重さの単位「キログラム」の国際基準を約120年ぶりに見直す決議を採択した。

   現在の1キログラムは、国際度量衡局に保管されている白金とイリジウムの合金でできた分銅「キログラム原器」が基準となっている。しかし、これまでの洗浄で質量がわずかに変化したとされており、基準の見直しの必要性が指摘されていた。

   新しい基準は、物理法則に基づく厳密な基準へ変更する予定で、加盟国が調査研究を進めたうえ、早くて4年後の総会で定義するという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中