「鑑識・米沢守」六角精児さん再々々婚 「最後の相棒」となるか

印刷

   俳優の六角精児さん(49)が「4度目の結婚」をしていたと、2011年10月25日発売の女性自身が報じた。お相手は10年前に離婚した2度目の妻で、「復縁婚」となる。

   六角さんといえば刑事ドラマ「相棒」の鑑識課員・米沢守役でおなじみ。作中では逃げていった妻を一途に思い続けているが、現実では元妻の心を取り戻すことに成功したようだ。

ギャンブル好き災いし… 妻に逃げられ続けた過去

   記事によると、今回結婚した相手は2001年ごろに離婚した所属劇団の研究生(当時)。六角さんがバーを経営し始めた時に一緒に働いていて、「結婚してくれないと店を続けない」と迫られて結婚した。しかし約4年後、「好きな人ができた」と言って六角さんのもとを去っていったという。

   六角さんにとってこの結婚は2度目だった。最初は1991年ごろ、こちらも所属劇団の研究生と結婚したが、2年ほどで離婚した。3度目は2003年ごろに20歳年下の専門学校生と「できちゃった婚」だったが、子どもと一緒に実家に帰ったまま戻ってこず、05年に離婚が成立した。

   妻に逃げられ続けた理由は「ギャンブル好き」。学生時代にはギャンブルに明け暮れ借金まみれになり、両親に肩代わりしてもらったこともあった。

   複雑な過去を抱えているが、3番目の妻と小学生の息子とは今では良好な関係を築いており、子煩悩な一面を見せているという。六角さんを知る関係者は、女性自身の取材に対して

「現在の奥さんも、そんな六角さんの家庭的な一面を知って、彼のことを見直したのではないでしょうか」

と話している。

女性の心をつかむ秘けつは「財布を握らせる」

   ぽっちゃりした体型に黒ぶちメガネで「生真面目なオタク」風な外見の六角さん、一見モテ男とは程遠い雰囲気だが、何が女性を引きつけるのだろうか。

   女性自身の記事では、演劇関係者が

「彼は確かにバツ3ですが、本当に演技の才能もあるし、一緒にいて楽しい男だから、女性にはとてもモテるんです」

と話している。本人も、11年5月に出演した「ウチくる!?」(フジテレビ系)で女性を落とすテクニックについて「気になる女性に財布を預け、信頼を置いている、自分が一番だと思わせる」と語り、最初の結婚の時も寝ている妻の横でほかの女性と電話するなど「モテエピソード」を暴露していた。意外にも女性が寄ってきては去っていくタイプのようだ。

   過去3度の結婚では自分からプロポーズしたことはなかったが、今回は初めてプロポーズした。両家の食事会も行ったといい、もっともキッチリした形で話が進んだといえるだろう。ギャンブルや派手な女性関係は封印して、今回結婚した奥さんを「生涯の相棒」として添い遂げてほしいところだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中