「株価急落の責任」でオリンパス社長交代 それでも「M&A手数料適切だった」

印刷

   光学機器メーカーのオリンパスは、2011年10月26日付で菊川剛会長兼社長が取締役に降格し、高山修一専務執行役員が社長に昇格する人事を発表した。

   同社はマイケル・ウッドフォード前社長を、14日に突然解任。菊川氏が社長に復帰したが、ウッドフォード氏が過去の企業買収をめぐる不明朗な支出を指摘し、菊川氏に辞任を要求するなど、経営が混乱していた。株式市場では株価が14日以降半値に落ち込んでおり、社長交代はそれを収めるためとみられる。

買収めぐる経営混乱は「第三者委員会で明確にする」

菊川前会長の姿はなく… (写真は、オリンパスの高山新社長、10月26日の記者会見で)
菊川前会長の姿はなく… (写真は、オリンパスの高山新社長、10月26日の記者会見で)

   オリンパスは26日夕に社長交代の記者会見を開いた。しかし、そこには菊川前会長兼社長の姿はなかった。

   同日付で新社長に就任した高山氏は社長就任の経緯を、社外取締役の強い要請を受けたことが背景にあると説明。また、「菊川氏は、世間から(経営混乱への責任)の指摘や株価急落の責任などを考慮して判断されたと思う」と、菊川前会長が辞任を判断したとも語った。

   ただ、菊川氏は代表権を返上するが、取締役にとどまる。また、記者会見の会場に姿がないことについて、記者から「菊川氏自らが説明責任を果たさないことが株価の下落につながっているのではないか」などと質問が飛ぶと、高山社長は、ウッドフォード氏が指摘した過去の企業買収をめぐる不明朗な支出について調査、究明する「第三者委員会」の設置を含め、「これからはわたしが判断すること」と繰り返すばかり。

   「早期に第三者委員会を立ち上げ、信頼回復を最優先する」考えを示した。

ウッドフォード氏には「怒り感じる」

   ウッドフォード氏は社長解任後、国内外のメディアのインタビューに応じ、オリンパスの過去のM&A(企業の合併・買収)やその際の不適切な手数料の支払いなどについて指摘したことが社長解任の原因と訴えてきたが、これについて高山社長は記者会見で、「ウッドフォード氏はいまも取締役の立場にあり、発言は大変問題だ」と述べた。そのうえで、社内情報を外部に漏らしたことは「怒りを感じる」とした。

   一方で、英ジャイラス社などの買収について、「当時は(買収について)あまり知らされていなかった」とし、M&Aの手数料が適正な水準だったと思うかとの質問には「M&A手数料はケース・バイ・ケースであり、医療分野の買収としては適切だったと思う」と答えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中