個人投資家「逆張り」でFX残高8月以来の高水準

印刷

   ドル円相場が連日のように最高値を更新する高水準にあるなか、外国為替証拠金(FX)取引に投資する、「ミセス・ワタナベ」と称される個人投資家による「逆張り」(あえて相場の流れに逆行する取引)が活発なようだ。

   円高が進行するのは「円買い・ドル売り」が進むためだが、個人投資家はこの動きに逆らって、「円売り・ドル買い」の動きに出ている。ドル相場が上昇した後に、その持ち高を解消して利益を得るのが狙い。FXでは金利が相対的に高いドルを買うと金利差収入を得られる。反対にドルを売ると金利差分を取られることも、好んでドルを買う投資家が少なくない理由だ。

   東京金融取引所のFX取引「くりっく365」は、2011年10月25日時点のドルの買越残高が36万3273枚(1枚は1万ドル)となり、8月3日以来の高水準になった。ニューヨーク市場で円相場が最高値を更新した半面、円売り介入への思惑が出ているため、個人投資家がドル買いを進めているとみられる。

   10月27日のドル円相場は14時30分時点で75円93~96銭と、75円台の高値水準で推移している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中