メルセデス「Cクラス」好調 BMWとの激しい「デットヒート」

印刷

   高級外車の売れ行きが好調ななか、ドイツのダイムラーが販売する「メルセデス・ベンツ」とBMWが激しいシェア争いを繰り広げている。

   日本自動車輸入組合によると、2011年9月の新車販売台数はメルセデスが4688台、BMWが4165台で、メルセデスがわずかの差で上回った。一方、米国では「メルセデス・ベンツ Cクラス」の好調を背景に、10月の販売台数でメルセデスがBMWを抑えた。

毎月のように順位が入れ替わる

   メルセデスとBMW――。ドイツ車の「宿命のライバル」は、新車販売台数の実績でほぼ毎月のように順位が入れ替わる、「ガップリ四つ」に組んだ状態が続いている。

   日本自動車輸入組合の調べでは、9月はメルセデスがBMWを上回ったが、8月はメルセデス2430台(販売シェア12.16%)、BMW2490台(同12.46%)とBMWに軍配が、しかし7月はメルセデス2322台(10.85%)、BMW1932台(9.03%)と、メルセデスが上位だった。

   1~9月の累計では、BMWが1万7146台(12.08%)と、メルセデスの1万7089台(12.04%)をわずかに上回った。

   ただ、前年同期で比べると、BMWが2.5%増だったのに対してメルセデスは7.6%増と、メルセデスに勢いがあるようだ。日本自動車輸入組合は「Cクラスの発売が効いていて、それに負うところが大きいようです」と、好調の要因をあげる。

   メルセデス・ベンツの「新型Cクラス」の発表があったのが5月30日。「Cクラス」は、BMW「3シリーズ」のいわば「対抗」車種で、新型エンジンや、直噴ターボエンジンモデルにも7速AT「7G‐TRONIC PLUS」を採用することで動力性能と燃費性能を向上したのがセールスポイントだ。

   さらに、10月17日には販売価格435万円で「Cクラスクーペ」をラインナップ。若者層へのエントリーモデルとして売り込んでいく。

米国でも10月はメルセデスが「逆転」

   米国市場でも、両者の争いは熾烈だ。2010年の米高級車の販売台数はトップがトヨタのレクサスだったが、2位にBMW、3位がメルセデス・ベンツだった。

   米ブルームバーグが報じたところでは、11年10月のメルセデスの米国での販売台数は前年同月に比べて23%増の2万2637台。一方のBMWは13%増の2万1873台にとどまった。しかし、1~10月の販売台数はBMWが19万9552台と、メルセデスの19万2695台をリードしている。

   メルセデスの「Cクラス」全体の販売台数は88%増と伸ばした。10月には新たに「Cクラスクーペ」を投入。これが市場を刺激したもよう。

   BMWの主力である「3シリーズ」は、セダン、クーペ、ツーリングワゴンの車種を展開。4月にはコンパクトタイプを投入したが、売れ行きが鈍化しはじめたとの見方もある。

   両者のデットヒートはまだまだ続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中