「年下イケメンとの愛欲生活」女性誌報道に反論 益戸育江「事実とは違う情報流された」

印刷

   沖縄・石垣島への移住が報じられた女優・益戸育江(旧名・高樹沙耶)が、移住の理由を「年下イケメンとの愛欲生活」と報じた「週刊女性」に対し、「事実とは違う」「すり替え」など2011年11月10日のブログで反論した。

「急にtwitterの(フォロワー)数が増えたと思ったら女性週刊誌に載っていたのですね!」

「だから芸能界と距離を置いてるのに……」

   益戸は現在「ヨガ」のイベントに参加するため、インド・リシケシに滞在しているという。8日発売の「週刊女性」の報道はツイッターを通じて知ったようだ。

   益戸は今回の報道に対し、

「私の現実と、あのような本を出版されている方達、それを信じる人たち、私はすみませんが違う世界にいます」

と言明。「妖精が住みたくなるような場をクリエイトする」と決意しての移住を「男ができたから」と片付けられたことを、「だから芸能界と少し距離を置いてるのに、ほかのことにすり替えている!!」と嘆いた。

   さらに益戸は「人のことを詮索したり、事実とは違う情報を、公共の紙面を使って流す」姿勢を、「私にとっても悲しく何の喜びも生まないこと、そしてそれを見た人も喜びや幸せは受け取れない」と批判。「私をおとしめること、さげすむことで満足する人たちはその世界に入ればいい でも私はそのような人間関係の中に生きることを望まない」と語っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中