「年下イケメンとの愛欲生活」女性誌報道に反論 益戸育江「事実とは違う情報流された」

印刷

   沖縄・石垣島への移住が報じられた女優・益戸育江(旧名・高樹沙耶)が、移住の理由を「年下イケメンとの愛欲生活」と報じた「週刊女性」に対し、「事実とは違う」「すり替え」など2011年11月10日のブログで反論した。

「急にtwitterの(フォロワー)数が増えたと思ったら女性週刊誌に載っていたのですね!」

「だから芸能界と距離を置いてるのに……」

   益戸は現在「ヨガ」のイベントに参加するため、インド・リシケシに滞在しているという。8日発売の「週刊女性」の報道はツイッターを通じて知ったようだ。

   益戸は今回の報道に対し、

「私の現実と、あのような本を出版されている方達、それを信じる人たち、私はすみませんが違う世界にいます」

と言明。「妖精が住みたくなるような場をクリエイトする」と決意しての移住を「男ができたから」と片付けられたことを、「だから芸能界と少し距離を置いてるのに、ほかのことにすり替えている!!」と嘆いた。

   さらに益戸は「人のことを詮索したり、事実とは違う情報を、公共の紙面を使って流す」姿勢を、「私にとっても悲しく何の喜びも生まないこと、そしてそれを見た人も喜びや幸せは受け取れない」と批判。「私をおとしめること、さげすむことで満足する人たちはその世界に入ればいい でも私はそのような人間関係の中に生きることを望まない」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中