スポーツ各紙「清武反乱」に冷ややか ナベツネ反論に「理」がある?

印刷

   プロ野球巨人の清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM)が渡辺恒雄球団会長について「私物化を許してはならない」などと批判したことを受け、渡辺氏は「非常識で悪質なデマゴギー」などと反論する長文コメントを発表した。一方の清武氏も再反論のコメントを発表したものの、スポーツ紙では清武氏に対して冷ややかな見方が多い。

   清武氏の異例の会見から1日以上が経った2011年11月12日夜、渡辺氏は約2000字にわたる声明を発表した。

渡辺氏は清武氏に謝罪を求める

   清武氏の会見を、

「事実誤認、表現の不当、許されざる越権行為及び私に対する名誉毀損が多々ある」

と指摘した上で、渡辺氏が独断で人事を決めることを「コンプライアンス違反」と批判したことについては、

「まことに非常識で悪質なデマゴギーであります」

と断じた。また、一度は了承したとされる人事をひっくり返そうとしたことを

「清武君からクライマックスシリーズ(CS)開始前の10月20日にコーチ人事を示されたのは事実ですが、CSで惨敗した以上、多少の変更が必要になったのは当然のことです」

と正当化した。さらに、清武氏の行動を

「会社法355条の『取締役の忠実義務』違反に該当すると思います」

と、具体的な条文まで参照して批判した。渡辺氏は清武氏に謝罪を求めているものの、今後の対応については

「本人の反省次第であり、現時点ではただちに処分を求めるつもりはありません」

と、含みを持たせている。

   これに対して、清武氏も同日深夜、再反論する談話を発表した。渡辺氏は10月20日に人事について報告を受けていたことを談話の中で認めているが、11月4日、報道陣に対して

「俺は何も報告を聞いていない」

と述べている。この点について、清武氏は

「お忘れになっているのではなく、虚偽の事実を述べたことは明白となりました」

と批判した。

スポーツ報知は清武氏と原監督の距離を指摘

   このやり取りは、翌11月13日に大半のスポーツ紙で大きく取り上げられた。11月12日には日本シリーズの第1戦(ソフトバンク対中日)が行われたが、東京中日スポーツ以外の在京スポーツ紙すべてが、渡辺氏の件を1面で報じている。

   いずれも、主に渡辺氏の反論について大きく伝えており、清武氏を擁護する声は少ない。

   例えば日刊スポーツは、渡辺氏の談話について、

「談話の文書も、徹頭徹尾、淡々とした丁寧な文言。その裏側に、渡辺会長の強い怒りと、清武GMの身に待つ『懲罰』の壮絶さが垣間見られる」

と論評。サンケイスポーツは、「会社法は渡辺氏に一理ある」とする専門家のコメントを引用し、渡辺氏の談話の方が、批判の根拠がしっかりしているとの見方を伝えている。

   スポーツニッポンには、見出しに「お家騒動 泥仕合…」とあり、あきれ気味だ。

   スポーツ報知は、清武氏と原監督の距離を指摘。

「勝てば表面化されないことも、2年連続のV逸となれば、渡辺会長の耳に情報は入る。シーズンの中間報告、終了報告と、原監督は渡辺会長のもとを訪れた。報告の中にはきっと、全く機能しなかった外国人選手など、戦力が充実しなかった指揮官の苦悩もあったはずだ」

と、渡辺氏による人事に理解を示した。

   また、東京スポーツは、渡辺氏の談話が発表される前の11月12日夕方の段階で、

「さも渡辺氏がなんらかの犯罪に関わっているかのように扱っている」

として、清武氏の会見が名誉棄損にあたる可能性を指摘している。

   なお、11月13日の読売新聞では、渡辺氏の談話を運動面で掲載したものの、清武氏の再反論は掲載していない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中