「茶のしずく」アレルギー問題 66人が重篤症状

印刷

   せっけん製造会社「悠香」(福岡・大野城市)が販売した「茶のしずく石鹸(せっけん)」旧製品の使用者にアレルギー症状が相次いだ問題で、発症者が計471人にのぼり、うち66人が緊急搬送や入院が必要なほどの重篤なケースだったことが2011年11月15日までに各紙報道などでわかった。

   旧製品はアレルギーの原因となる小麦加水分解物を含んでおり、10年12月までに約4650万個販売された。悠香は11年5月から自主回収をすすめている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中