裁判員制度、最高裁が「合憲」初判断示す

印刷

   裁判員制度が違憲かどうか争われた覚せい剤取締法違反事件で、最高裁大法廷が2011年11月16日、合憲との初判断を示す判決を言い渡したことが分かった。裁判官15人全員一致の判断で、被告の上告については棄却した。これで懲役9年、罰金400万円の実刑判決が確定する。

   その理由として、最高裁は、裁判員制度であっても、法と証拠に基づく適正な裁判は十分保障されていることを挙げた。判決によると、フィリピン人女性のパークス・レメディオス・ピノ被告(45)は09年5月、覚醒剤約2キロの入ったスーツケースを密輸した。公判では、被告側は「覚醒剤と知らなかった」と訴えていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中