「商売敵への反発」「個人怨恨」…憶測渦巻く 楽天・三木谷会長「モバゲー排除」の真意

印刷

   プロ野球横浜ベイスターズ売却問題は、まだ完全決着したわけではなさそうだ。楽天の三木谷浩史会長が、猛烈な「ちょっと待ったコール」をかけているからだ。

   当初は問題点を指摘した球界の重鎮、ナベツネこと渡辺恒雄・巨人球団会長も譲渡賛成に回り、オーナー会議での同意(4分の3以上)は「勝負あった」観があった。にもかかわらず、三木谷会長が「反対」を改めて強調する真意について、「商売敵への反発」「過去の怨恨」など様々な憶測が渦巻いている。

モバゲーをめぐって「被害者も出ている」

どうなるベイスターズ。
どうなるベイスターズ。

   TBSホールディングスが、交流サイト「モバゲー」を運営するIT企業「ディー・エヌ・エー(DeNA)」へベイスターズを譲渡する契約はすでに結ばれ、発表済みだ。

   2011年12月1日にあるオーナー会議で、4球団以上が反対すれば譲渡は認められないが、ナベツネ氏の賛成表明などを受け、流れは「譲渡同意」で決まったと受け止められていた。

   そんな中、三木谷会長は11月16日、楽天の秋季キャンプ視察の際、「モバゲー」への反撃ののろしを上げた。

「プロ野球の名前を使い、子供たちに課金システムがあるモバイルゲームをプロモーションしていいのか」

   さらに、「(モバゲーをめぐっては)被害者も出ている」と指摘し、他球団と意見交換する考えも示した。

   三木谷会長による「徹底抗戦」をうかがわす動きは他にも出ている。

   楽天が、中高生らを主な対象とする自己紹介サイト「前略プロフィール」から2011年中にも撤退する検討に入った、と日本経済新聞(11月16日付朝刊)が報じたのだ。

   記事によると、理由は「赤字」と「青少年教育の観点から(略)ふさわしくない」だ。

グリーへの肩入れ説も

   「撤退」については、DeNAが当初、「出会い系を運営」と誤解され、譲渡反対論が浮上したことを意識したもの、とみる向きもある。

   「前略プロフィール」の楽天がDeNAに「出会い系」批判をする構図は、J-CASTニュースが「横浜買収DeNAに『出会い系』の難クセ ならば『アウト』の球団は他にもある」(10月20日配信)で伝えたように、ネット上に多くの疑問が寄せられていた。

   三木谷会長の「思惑」について、球界関係者の間では様々な「説」がささやかれている。

   まず、「商売敵への反発」説がある。同じIT企業として、DeNAの知名度やビジネスチャンスを拡大させるきっかけを与えたくないのでは、という推測だ。

   次は、やはりモバイルゲームで知られる「グリー」への肩入れ説。グリー創業者は楽天出身で、グリーの株式会社化の際に楽天が出資した。

   公正取引委員会は6月、DeNAがゲーム開発会社に対し、グリーへゲームを提供しないよう圧力をかけたとして排除命令を出した。グリーはDeNAを提訴する構えをみせており、三木谷会長発言にあった「被害者」は、グリーを念頭に置いている可能性がある。

   「DeNA創業者、南場智子氏との仲違い」説もある。週刊朝日(11月11日号)が報じるなどしており、以前は親交があったが、「ある事業を巡って反目し、今は口もきかない」ことが影響している、というわけだ。

   売却する側のTBSへの「怨恨」説も「信憑性あり」と受け止められている。2005年、楽天はTBS株買い占めへ動いたが、結局「TBSに負けた」形で株を安値で手放すはめになった。この「恨み」が残り「嫌がらせ」をしている、とみているようだ。

   参入反対の動機について、三木谷会長は11月16日、「自分の正義感」と説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中