東京モーターショー意欲満々製品が続々 EV、第3のエコカーにトヨタ・スバルのスポーツカー

印刷

   2011年12月3日に一般公開となる第42回東京モーターショーは、国内メーカーか ら意欲的なクルマが続々登場しそうだ。日産自動車、ホンダは電気自動車(EV)を大々的に展開。マツダとダイハツ工業、三菱自動車、スズキなどはガソリンエンジンを究極まで高効率化した「第3の エコカー」に注力する。

   一方、若者のクルマ離れを食い止めようと、トヨタ自動車と富士重工業(スバル)は共同開発の小型FRスポーツカーの市販モデルを初公開するのをはじめ、日産、ホンダもEVのスポーツカーを参考出品するなど「走る楽しさ」も忘れていない。エコカーを軸に今回のモーターショーは見所が満載だ。

三菱、スズキも低燃費車を展示

   市販EVのリーフで先行する日産は、モーターショーに3つの新たなEVを参考出品する。全長3メートル未満のコンパクトな3シー ター「PIVO(ピボ)3」、フェアレディZを連想させるスポーツカー「ESFLOW(エスフロー)」、乗用車と商用車の機能を合わせもち、若い起業家をターゲットにしたというTOWNPOD(タウンポッド)」の3台だ。リーフの市販で世界のEV市 場をリードする日産は、トヨタなどが得意とするハイブリッドカー(HV) を飛び越え、EVで 一気に近未来のクルマ社会を提案する戦略だ。

   これに対抗するのがホンダで、四輪車では小型EVの「MICRO COMMUTER CONCEPT」と、次世代のEVス ポーツカー「スモールスポーツEVコンセプト」を参考出品。

   さらにトヨタに対抗する形で、プラグインハイブリッド(PHV) の「AC-X」も参考出品する。ホンダは二輪車でもEVのスクーターやスポーツバイクなどを出品し、二輪、四輪を合わせ「次世代電動モビリティーコンセプト(EVやPHVの試作車)は7モデルを出展する」という力の入れようだ。

   ガソリンエンジンの改良と軽量化などで究極の低燃費を目指す「第3のエコカー」は、既にマツダとダイハツが市販車を投入し、話題を呼んでいるが、三菱自動車はガソリン1リットルで30キロ走行する低燃費車を、新型「ミラージュ」として2012年にも市販する。

   スズキは参考出品ながら「1リッター当たり32キロ以上」という次世代カー「REGINA(レジーナ)」を展示。ダイハツへの対抗意識 を鮮明にする。

トヨタとスバル共同開発車のネーミングに注目

   ガソリンエンジンでリッター30キロ台というHV並みの低燃費は画期的だが、トヨタは家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド(PHV)のプリウスを2012年1月に市販する方針だ。こちらはEVとしても使えるので、燃費は1リッター当たり57キロと、HVの 約2倍となる。燃費の差は歴然だが、第3のエコカーはPHVに比べ低価格なのが魅力。両者のコストパフォーマンスをユーザーがどう評価するか。モーターショーの反応が注目される。

   さらにトヨタとスバルは、両者の共同開発で2012年春にそれぞれ市販する小型FRスポーツカーを公開する。スバルは「スバルBRZ」とネーミングが決まっているが、トヨタは未発表。これまで海外のモーターショーなどで試作車が公開されてきたが、市販モデルの発表は東京モーターショーが初めてとなる。

   トヨタは往年の名車「ハチロク(AE86)=カローラレビン、スプリンタートレノ」の再来を目指し、エコカー全盛の時代に豊田章男社長が敢えて投入する意欲作だ。スバルの水平対向エンジンを積むFRスポーツは自動車雑誌などで前評判が高い。果たしてどれだけクルマ好きの心をつかみ、新たなファンを掘り起こせるか。注目の1台となるのは間違いない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中