読売新聞「清武批判」を大展開 他社は「巨人体質」も問題視

印刷

   読売新聞は、「反乱会見」時とはうって変わり、今回の「清武氏解任」は大きく報じた。ところが、「清武氏批判」のトーンばかりが目立ち、プロ野球巨人の体質も問題視するほかの一般紙と比べ、かなり異なる印象を与える紙面となったようだ。

   「ポーズだけでもバランスを取ろうという姿勢すらゼロ」。読売新聞を皮肉るこんな指摘がインターネット上で相次いでいる。

「組織人として失格」

読売も「清武氏解任」は大きく報じたが…
読売も「清武氏解任」は大きく報じたが…

   「巨人、清武代表を解任」。2011年11月19日付朝刊で、毎日新聞は社会面トップ(東京最終版)で、清武英利・球団代表兼GM(ゼネラル・マネジャー)の解任を大きく報じた。

   朝日新聞も、社会面の左肩(東京最終版)を最上部から最下部まで使って大きく伝えた。

   読売新聞はどうだったか。

   前回、清武氏がナベツネこと渡辺恒雄・球団会長を批判する「反乱会見」を開いた11日のニュースの扱いは、スポーツ面のみに小さな記事が出ただけだった。社会面や1面で大きく扱った朝日新聞など他の一般紙に比べ、あまりの扱いの小ささに、ネット上で「失笑」や「失望」の声が上がっていた。

   今回の読売新聞は、1面から社会面、スポーツ面とかなり目立つ大きさで報じ、「反乱会見」時との違いをみせた。

   しかし、その内容は、たとえば掲載している3人の識者コメントが、「組織人として失格」などいずれも清武氏に厳しい声であるなど、「反清武ムード一色」と言われても仕方なさそうな紙面だ。巨人や読売新聞側への問題点指摘は見あたらない。

「『清武の乱』にサラリーマン9割共感」?

   一方、他紙をみると、

「渡辺氏は骨のある人間を辞めさせ、後悔するのではないか」(朝日、作家・江上剛さん)
「球団内で批判なく解任が認められるようでは、球団の体質は何も変わらない」(毎日、弁護士・郷原信郎さん)
「『清武の乱』は私も含めサラリーマンの9割は共感したと思う」(産経、読売OB・堀紘一さん)

といった清武氏に同情的な声や巨人の体質に関する話も載せている。勿論、清武氏に批判的な声も紹介しているし、読売新聞も、清武氏本人の反論を短めながらも伝えてはいる。

   こうした読売新聞の報じ方を「一方的だ」と感じた人は少なくないようだ。

   ツイッターには、

「会社の体を保つためとはいえ、みっともない」
「ポーズだけでもバランスを取ろうという姿勢ゼロは、むしろ清々しさすら感じてしまうな」

といった書き込みが相次いでいた。中には「北朝鮮労働党の機関紙と大差ない(笑)」という指摘もあった。

   清武氏は18日の解任後、さっそく顧問弁護士を訪れ対応を協議した。報道陣に対し、弁護団を形成して法的措置を取る考えを示し、日本シリーズ終了後にも改めて会見を開くことを表明した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中