「浪人・菅野」を待つ厳しい選手生命 江川、荒川ら過去の例を払拭できるか

印刷

   どうしても巨人に入りたい、と東海大の菅野智之投手がとりあえず「浪人」の道を選んだ。2011年11月21日、ドラフト1位に指名した日本ハムに対し、入団拒否宣言をしたのである。この決断は過去の例をみてもっとも厳しい選択といっていい。

   拒否宣言の記者会見で菅野は「小さい頃からの夢(巨人選手)を実現したい」とその理由を語り「来年のドラフトを待つ」と決意を示した。浪人して1年を過ごす、いうのである。

   これまで、日本ハム拒否の場合、1)社会人野球に進む 2)米球界に行く 3)浪人する-などの進路が取りざたされたが、結果的に浪人する道を選んだ。その気持ちは分からないわけではないが、投手というポジションを考えると、むしろ「賭け」である。

   投手の生命である肩は練習不足になると、瞬く間に衰える。そうなると、当然のごとく球威は落ち、一番いいときのピッチングを取り戻すのは至難の業だ。無理をすれば支障を起こす。浪人となると、練習環境をどう整えるのか、指導者はどうするのか、などの問題が出てくる。巨人の助けを得るわけにはいかないし、東海大でも試合には出られない。

大騒ぎで巨人入りした江川のプロ生命はわずか9年

   1位指名投手で入団を拒否した有名な例として江川卓がいる。法大時代、東京六大学リーグで史上2位にあたる通算47勝を挙げ、1977年にクラウンライター・ライオンズ(現西武)から指名を受けた。一浪した後、いわゆる「空白の一日」を突き、すったもんだの末に巨人のユニホームを着た。浪人中、ロサンゼルスやアラスカで練習、試合でも投げ、それなりに調整していた。

   しかし、巨人入団の1年目は9勝10敗という不本意なものだった。「浪人中の練習不足は明らかだった」というのが当時の巨人コーチの指摘。大学からすぐプロ入りしていれば、15勝は間違いなく挙げただろう。そのくらい図抜けた逸材だった。3年目に20勝したものの、その後は故障もあって苦しい投球を続けた。結局、9年間しか投げられず、通算135勝で終わった。

   「あれだけ大騒ぎ(江川事件)して獲得したのに、たった9年でサヨナラか。巨人はどれほど犠牲を払ったのか」と球団幹部が肩を落とした短期引退だった。肩が元に戻らないどころか、無理をして負担をかけたといわれている。「まともなら通算300勝はした投手だった」と多くの専門家はいまだに浪人後遺症を惜しむ。

   もう一人、小池秀郎という左腕投手がいた。亜大のエースで90年のドラフト会議でロッテから1位指名を受けたが、入団拒否。社会人野球に一時避難し、92年に近鉄バファローズから1位指名された。入団したものの、10シーズンで51勝。大学時代にマークした通算394三振(当時の最多記録)のキレはすっかり消えていた。プロ入りしたときには峠を越えていたのである。

ドラフト制度そのものが危ぶまれた「荒川事件」

   1位指名を受けた野手で悲惨だったのは早大のスラッガー荒川堯(たかし)遊撃手。一本足打法の王貞治を育てた荒川博の野球養子として話題となり、中日で首位打者を獲得した谷沢健一と同期で東京六大学野球の花形だった。ハンサムでスターの雰囲気を持った期待の大型だった。69年に大洋ホエールズ(現横浜)から指名されたが拒否した後、トレードという形でヤクルト入り。

   ところが、拒否などが問題になっていたころ、自宅近くで暴漢に襲われ、頭部に傷を負った。「荒川事件」である。それが原因で視神経に障害が出たといわれ、わずか5年、225試合に出場しただけで球界を去った。悲劇としかいいようがない事件だった。すんなりプロ入りしていれば、かなりの成績を残しただろう。

   1位指名を受けて入団拒否した選手にはいいことが起きないというのが過去の例だ。菅野は大変な試練に挑むことになる。江川ほどの投手でも苦しんだ浪人生活。日本ハムは「諦めない」という。「この程度で諦めるのなら最初から指名しなかった」と球団幹部は交渉を続けるつもりだ。まだひと波乱あるかもしれない。(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中