オリンパス・ウッドフォード氏が会見 「銀行支援すれば、生き残っていける」

印刷

   オリンパスの損失隠しをめぐって来日中のマイケル・ウッドフォードオリンパス元社長が2011年11月25日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見を開いた。社長解任までの経緯を明かす一方、社長復帰については「株主が決めること」と、含みを残した。

   オリンパスが不当に高い金額で企業買収を繰り返していた問題を最初に報じたのは、11年7月発売の月刊誌「ファクタ」11年8月号。菊川剛元会長は、他の取締役に対して、ファクタの記事についてウッドフォード氏に知らせないように指示したというが、結局はウッドフォード氏の耳に入ることになる。

社長復帰については「戻る準備はできている」

記者会見に臨むマイケル・ウッドフォードオリンパス元社長
記者会見に臨むマイケル・ウッドフォードオリンパス元社長

   ウッドフォード氏が記事の内容について菊川氏を問いただしたところ、

「大半は正しい」

と述べたという。また、後に解任されることになる森久志副社長は、

「私は(社長のウッドフォード氏よりも)菊川氏に忠実だ」

と発言したといい、その時点で、

「本当にひどい何かが起こっている」

と確信したとしている。

   自らの社長復帰については

「こだわっているわけではない」

としながらも、

「株主が決めること。戻る準備はできている」

とした。

上場廃止は避けるべきだと主張

   現時点で監理ポスト入りしている同社株については

「上場廃止は株主にとっても従業員にとっても良くない」

と、上場廃止は避けるべきだと主張。今後の経営については、

「豊富なキャッシュフローがあり、銀行が支援すれば、生き残っていけるだろう」

と、楽観的な見通しを示した。オリンパスと反社会勢力とのつながりについては、

「現時点では証拠はない」

と述べた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中