「彼氏がAKBファンだったら超嫌だ」 秋元才加がまた「問題発言」

印刷

   AKB48のメンバーでチームKキャプテンの秋元才加さんが「自分の彼氏がAKBファンだったら嫌だ」と発言したとして、インターネット上で物議を醸している。

   「問題発言」があったのは2011年11月22日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われたチームK「RESET」公演だ。

観客からは「えぇ~」という冗談交じりの野次

   曲と曲の合間のトークで「今日がいい夫婦(1122)の日だ」という話になり、秋元さんがこの日夫婦で来たという人に「いいねいいね」「夫婦でAKB48シアターに来ると、すごいですね」と言った後に

「よかったですよ、趣味が一緒でよかった。どっちかが好きすぎると絶対に嫌じゃない?もし自分が彼女だったら嫌だもん。(中略)正直もし自分が彼女で彼氏がすごいAKBファンだったら超嫌だ」

と発言。ほかのメンバーが「いやいやいや~そんなことないですよ」とフォローしたという流れだ。観客からは「えぇ~」という冗談交じりの野次が飛んだ。

   「もし自分の彼氏がすごいAKBファンだったとしたら…」という注釈付きの発言だったのだが、2ちゃんねるでは「秋元才加が自分の彼氏がAKBファンだったら嫌だと言った!」という部分だけ切り取られ、「会場に来てる男ファンがかわいそうだな」「キモヲタばかりだから率直な意見だろうな」「これ劇場の夫婦の旦那さん大恥かいただろうな」などの主に批判的な意見が寄せられた。

   中には「みんな才加に普通のアイドル像求めてんの?アイドルにゴリラとか言ってるじゃん」「彼女としてアイドルに嫉妬しちゃうから超嫌だというだけの話だろ」「AKBに妬くって意味で何者も否定してないだろ」といった秋元さんを擁護する意見も見られた。

ファンは「失言癖がある」と認識

   秋元さんは過去にも「問題」とされる発言をしており、ファンの間では「失言癖がある」「アイドルらしくない誤解されるような発言にヒヤヒヤさせられる」というイメージが定着しているようだ。

   たとえば観客が女性限定で空席が目立っていた公演に出演した際、ほかのメンバーが最後のあいさつで観客への感謝コメントを言ったのに対し「空席が目立つ状態に満足していない。次は満員にしてみせる」と言って観客が微妙な気持ちになった。自分が出演したラジオに受験生からのメールが届いた際に「AKBのラジオなんか聞かないで勉強しろ」と怒った、などのエピソードがある。

   ちなみに芸能界では「ファンから彼氏」になった例もある。記憶に新しいのは元アイドルの大場久美子さん。ブログにコメントを書き込んでくれるファンの男性とメールのやりとりをしているうちに親しくなり、結婚することになった。男性は大場さんのグッズを数百点も集めており、所属事務所に資料がなくても彼に聞けばすべて持っているほどの大ファンだそうだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中