溶解燃料がコンクリートを最大65センチ浸食か 福島第1原発1号機

印刷

   東京電力福島第1原発1号機の溶解した燃料が、格納容器底のコンクリートを溶かして最大で65センチ浸食しているとの推定結果が、2011年11月30日に分かった。

   原子炉の温度や注水などの状況から溶解燃料を解析したといい、国の研究会でこの日に結果が発表された。コンクリートが最も薄いところでは、格納容器の鋼板まで37センチしかないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中