「松潤ヌード」が女性に異常人気 ベッドシーンで一斉に双眼鏡が

印刷

   人気アイドルグループ「嵐」の松本潤さん(28)が出演した舞台のチケットがネット上で高騰した。「松潤ヌード」みたさからのようだが、関係者は頭を悩ませているようだ。

「松潤のベッドシーン、すごいよかったですよ。腹筋も割れていて、白い肌がきれいでしたぁ~」

   東京・青山劇場で2011年12月2日に上演された舞台「あゝ、荒野」を鑑賞した東京都内在住の30代の会社員女性は、こう声を弾ませた。

売買サイトでチケット3~15万円で売られていた

チケット転売に疑問が
チケット転売に疑問が

   蜷川幸雄さん演出の「あゝ、荒野」に、松本潤さんは、ボクサー役で出ている。10月29日の埼玉公演から始まり、女性が鑑賞した日は、舞台の千秋楽だった。この舞台では、セミヌードになった潤さんが、ジャニーズファン女性らの間で話題になった。関係者によると、いずれもほぼ満席だった。

   潤さんは、女性とラブホテルに入り、「脱げよ」と言って、自分はトランクス1枚になる。そして、ベッドの中で絡み合い、「どうだ?オレすごいだろ?」などと台詞を吐くのだ。

   舞台には、双眼鏡を持ち込む女性が相次いだ。12月2日の舞台は、1200ある客席が30~40代が中心とみられる女性客でほぼ埋まり、何人かに聞くと、前席以外は半数ほどが双眼鏡を持っていた。ベッドシーンになると、一斉に双眼鏡を上げていたともいう。「お芝居では、通常は双眼鏡はお持ちにはならない」(関係者)といい、「松潤ヌード」のケースはかなりの異例だったようだ。

   ところが、こうした異常人気で、1万円前後の舞台チケットがネット上で高騰した。

   神奈川と茨城から来た女性2人組は、こう言う。「売買サイトのチケット流通センターで、3~15万円で売られていましたよ。私たちは、そんなのは買わず、何日も電話をかけ続けてようやく確保しました」。休みを取って大阪から来たという会社員女性(32)は、「友人に取ってもらい、やっと押さえましたが、チケ流では、10万円を超えて売っていました」とため息をついた。

「チケットの転売は、してほしくありません」

   ネット上でも、チケットの異常高騰に疑問が相次いでいる。

   ヤフー知恵袋では2011年10月5日、「チケット流通センターで、あゝ、荒野のチケットが700件以上掲載されていますが...」との質問が投稿され、転売目的で売っているのではないかとの指摘があった。ブログでも、「1枚7万円~35万円までありました 高過ぎです」といった書き込みがあったほか、ツイッターでも「はぁ世の中不公平だ」「もう800件近くでてるよあゝ、荒野。泣きそ」などと嘆く声が出ていた。

   チケット流通センターを見ると、人気の「嵐」コンサートでは今でも、チケット価格をはるかに超える数万から十数万の値が付いている。

   チケットを高値で売ることは、ダフ屋行為として犯罪になる可能性がある。東京都内なら、都の迷惑防止条例でこうした行為を禁止している。しかし、ネット上では、よほど大量に売らない限り、警察が立件することは難しいようだ。過去には、万博やテーマパークのチケットのネット転売が問題化したことがあるが、いずれも立件は見送られたと報じられている。

   とはいえ、ファンらからの不満も大きいだけに、主催者側も対応に四苦八苦しているようだ。関係者は、こう苦悩を明かす。

「チケットの転売は、してほしくありませんでした。そのために販売しているわけではないからです。どこでも同じ対応をしていると思いますが、ネットオークションに上がった席番については、会場に入れないようにしています。しかし、席番が上がっていなければ、どなたが高額チケットを手に入れたか分からないんですよ。転売して利益を得ているとしたら、それはとても困ることです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中