巨人と読売グループ本社、清武前代表を提訴

印刷

   プロ野球巨人の球団代表だった清武英利氏=解任=が、独断で記者会見を開いて渡辺恒雄球団会長を批判した問題で、巨人と親会社の読売新聞グループ本社は2011年12月5日、清武氏に計1億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。訴えでは、清武氏の行動が、取締役の忠実義務に違反しているなどと指摘している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中