「酒鬼薔薇事件」を彷彿とさせる 16歳犯人の「猫の生クビ持参」

印刷

   「切断したネコの首を学校に持ってきていた」。埼玉県の女子中学生切りつけ事件で逮捕された通信制高校2年の男子生徒(16)に関する証言が報道され、注目が集まっている。

   少年によるネコへの虐待といえば、1997年に神戸市で起きた「酒鬼薔薇事件」とも呼ばれる連続児童殺傷事件を彷彿とさせる。テレビ情報番組の報道を見比べると、酒鬼薔薇事件を例に出す局と暗示にとどめるところと対応が分かれている。

「とくダネ」は「似ている」との談話紹介

事件を報じる新聞各紙。
事件を報じる新聞各紙。

   今回の事件が神戸市連続殺傷事件を「彷彿とさせる」と指摘したのは、2011年12月7日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)だ。「酒鬼薔薇事件」の名称にも触れた。

   酒鬼薔薇事件は、当時11歳の少年が殺害され、切断された頭部が中学校正門で発見されるというショッキングなもので、以降報道合戦が加熱した。ほどなく逮捕された容疑者が、当時14歳(中学3年生)の少年だったことでも大きな衝撃を社会に与えた。ほかの殺傷事件を起こしていたことも判明した。

   酒鬼薔薇事件の少年については、事件直前にネコやハトを殺害する姿が目撃されていて、のちの家庭裁判所の送致決定の中でも、「ネコ殺しの欲動が人に対する攻撃衝動に発展した」と指摘された。

   今回の切りつけ事件に関して「とくダネ」は、容疑少年が通信制高校へ移る前に通っていた「高校の職員」の男性の証言を伝えた。高校を自主退学する直前の11月はじめごろ、少年が「ネコの頭のような」ものを持って登校し、「複数の生徒が見た」そうだ。

   「とくダネ」がコメントを紹介した東工大の影山任佐教授(犯罪精神病理学)は、切りつけ事件の容疑少年が動物虐待から人に怪我を負わせる段階に進み、さらに「人を殺そうと思っていた」と話しているとされることを受け、「酒鬼薔薇事件に似ている感じがします」と話した。

   「ネコ虐待」だけでなく、「ナイフ・刃物の収集」という共通点もある。今回の埼玉・三郷市の事件の容疑少年は、ナイフ集めが趣味だったようで、自宅から20本以上の刃物が押収された。酒鬼薔薇事件の少年も当時、ナイフを収集していた。

   12月7日放送の民放他局の情報番組は、「ネコの首、学校へ持参」などの情報は伝えたが、「モーニングバード」(テレビ朝日系)と「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)では、酒鬼薔薇事件には直接触れず、暗示するにとどまった。

朝日と毎日は酒鬼薔薇事件と関連付ける記事見当たらず

   モーニングバードでは、男性リポーターが、「動物虐待」に関して、「過去の有名な事件でもありましたし…」と話し、朝ズバでは、司会のみの氏が、「過去にも似たような事件がありましたけどね」と指摘しただけだった。

   「スッキリ!!」(日本テレビ系)では、ニュース紹介のみでスタジオ陣コメントはなく、酒鬼薔薇事件にも触れなかった。

   触れなかった局は「両事件の安易な結びつけを避けた」のかもしれない。

   新聞報道も対応が分かれている。

   読売新聞は「動物虐待 凶悪事件 過去にも例」(12月6日夕刊)、産経新聞は「残虐『神戸』と類似」(12月7日付朝刊)と、神戸市連続殺傷事件(酒鬼薔薇事件)の名前を挙げて類似性を指摘している。

   一方、朝日新聞と毎日新聞は、12月7日付夕刊までの段階で、1面・社会面を見る限り酒鬼薔薇事件と関連付けている記事は見あたらない。

   毎日新聞は7日夕刊で「ネコの首、学校持参」情報に触れつつ、容疑少年は学校側の当時の聞き取りに「本物ではなく、おもちゃだ」と説明し、学校関係者も本物だったかどうかは不明と話している、と伝えている。酒鬼薔薇事件には触れていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中