タブレットPCも2万円台の時代 中国系メーカー「格安」仕掛ける

印刷

   スマートフォンと並んで急拡大するタブレット型端末市場に、「格安」の波が押し寄せた。7インチ型端末が3万円を切る値段で発売される。

   仕掛けたのは中国ソフトメーカーだ。同じサイズの端末は韓国サムスン電子の「ギャラクシータブ」など激戦区だが、どこに勝機を見いだしたのか。

解像度や内蔵カメラの画素数は、ギャラクシー上回る

女性購買層を意識したピンクのモデルも
女性購買層を意識したピンクのモデルも

   インターネットのセキュリティーソフトなどを開発するキングソフトは2011年12月8日、7インチ型タブレット端末を2012年1月に発売することを明らかにした。キングソフトは中国ソフトメーカー大手「金山軟件」の子会社で、新型タブレットはキングソフトが設立する新会社「モバイルインスタイル」が手掛ける。

   「エデンタブ」と名付けられた端末は、2万9800円と他の7インチ型と比べて価格を抑えた。例えば「ギャラクシータブ」の現行品の場合、NTTドコモのウェブサイトでは分割支払い総額5万1408円となっている。ほかの製品は、価格コムを見ると東芝の「レグザタブレット」が最安値で3万9996円、シャープ「ガラパゴス」が同3万4989円だ(いずれも12月8日現在)。画面の大きさは違うが、ソフトバンクモバイルが販売する米アップルの「iPad2」は、16ギガバイトの無線LAN・3Gモデルで5万6640円かかる。

   同サイズのタブレット市場では後発となるだけに、「低価格でありながら高性能、を訴求していく」とキングソフト広報は話す。画面解像度や内蔵カメラの画素数は、7インチ型ギャラクシータブをも上回る。価格面で対抗する他社製品はあっても、メモリーなどの性能でエデンタブが勝る。軽量化を追求して重さ348グラム、横幅11.8センチとしたのは、女性をターゲットに据えているためだ。

   一般消費者だけでなく、企業向けにOEM(相手先ブランドによる製造)での提供も視野に入れる。例えば女性ユーザーを多く抱える会社が、キャンペーンで「プレミアム会員」に端末を配り、販促効果を上げるといった利用法が想定できそうだ。顧客企業側にとっては、コストを抑えてオリジナルの端末をつくることができ、またキングソフトも、まとまった数の端末を受注しやすくなる。

SIMフリーも他社との差別化要因に

   エデンタブは無線LANと3G回線接続が可能だが、特定の通信会社に縛られない、いわゆる「SIMフリー」だ。とにかく月々の支払いを安く抑えたいなら大手キャリアではなく、「月額980円」といった破格のデータ通信プランを提供する業者と回線契約を結ぶという手もある。ユーザーが使い方によって通信契約を選べるという点も、ライバル製品との差別化を図る要素だ。

   もともとキングソフトは、米マイクロソフトの統合ソフト「オフィス」と類似した製品を開発し、「オフィス」との互換性を持たせたうえで低価格で販売したり、ウイルス対策ソフトを無料で提供したりと、「価格戦略」はお手のもののようにみえる。タブレット市場には既に相当数のメーカーが進出しているが、サムスンなど先発組の強いブランド力に対抗して、価格と柔軟性がどこまで功を奏するかが試される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中