「失業・休業」2割超―避難中の飯舘村民「生活苦しい」

印刷

   福島県飯舘村では2011年12月8日、福島第一原発事故に伴う住民の避難生活の現状についての中間集計結果を発表した。

   世帯主あるいは主たる生計維持者を対象としたもので、1738件の回答があった。これによると避難後、失業・休業して現在「特に働いていない」あるいは「アルバイト中」の人は20.2%に上った。また全体の半数近くで収入が減少し、17.7%は「収入がほとんどなくなった」という。当面の生活については34.2%が、「避難先で貯金や義援金、仮払保証金で生活しつつ様子を見る」と答えている。

   逆に避難先の暮らしでは「食費」「水道光熱費」「交通費」を中心に出費がかさみ、支出が増えたという回答は79.6%におよんだ。約半数が「切り詰めた生活をして何とか暮らしている」状況で、「非常に苦しい」「苦しい」は32.5%に達した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中