ダルビッシュに期待と不安 「横の変化球」はメジャーで通用するのか

印刷

   米大リーグ挑戦を表明した日本ハムのダルビッシュ有投手(25)を巡り、メジャー球団による争奪戦の行方が関心を集めている。移籍金が高騰しているとも報じられているが、実際のところは――。

   ダルビッシュ投手のメジャー行きは、これまで何度も報じられた。しかし、その通りにならなかったり、本人が頑なに否定したりしていた。

スポーツ紙、「過去最大の争奪戦」と報道

今後どうなる?
今後どうなる?

   ところが、公式ブログで2011年12月8日、いきなりファンに決断したことを報告した。日本球界を代表するスター選手だけに、コメント欄には、悲喜こもごもの声が相次いでいる。すでに3000件ほどにも達したほどだ。

   ツイッターでも、そうした声が寄せられ、中には、詰問する向きもあった。ダルビッシュ投手は07年のテレビ局インタビューで、子どもたちを楽しませる選手も日本に必要だとして、メジャーに行くぐらいなら野球を辞めるという趣旨の発言をしたことがある。このことを問い質され、本人は、発言の事実を認めながらも、環境が変われば自分も変わるとツイートして理解を求めた。4日のファンフェスティバルでも決意表明しなかったのは、まだ決まっていなかったからだという。

   一方、米球界では、屈指の右腕に期待の声が高まっていると日本のスポーツ紙が報じている。早くも9日からダルビッシュ投手の入札が始まったが、10球団近くが参加する過去最大の争奪戦になるというのだ。「ヤンキースが前向き」「レンジャーズが有力」などとされ、中には、投手不足もあって、06年にレッドソックスが松坂大輔投手(31)を獲得したときの移籍金と年俸の総額1億ドル余(日本円で当時約130億円)を上回る可能性があるとの指摘もあった。

   ダルビッシュ投手側も、高額の条件を挙げているとされているが、どれほどの待遇で迎えられることになるのか。

   日米球界に詳しいスポーツジャーナリストの菅谷齊さんは、その評価は松坂超えとの見方に否定的だ。

先発ローテに入れば、2ケタ勝利

「まず日本人選手は、このところ評価が低いことがあります。メジャー各球団は獲得騒ぎに懲りており、ヤンキースが落札した西武の中島裕之内野手でも、移籍金が2億円ほどです。ダルビッシュ投手も、松坂投手ほどの評価にはならないでしょう」

   さらに、菅谷齊さんは、ダルビッシュ投手本人についても、必ずしも評価は高くならないとみる。

「彼が投げるのは、低めのアウトコースといった横に変化する球種です。いわば横の揺さぶりというわけですが、かつての野茂英雄投手は、縦の変化球が評価されました。ダルビッシュほどのスピードで投げる投手はゴロゴロいるわけですから、よく打つ中南米出身の選手あたりは飛びついて打ってしまうはずです。先発グループ5人には入れると思いますが、よくて3番手でしょうね」

   ダルビッシュ投手は、プロ7年目の2011年は自己最多の18勝を挙げ、防御率は5年連続で1点台を誇っている。しかし、日本のバッターの打力は低く、メジャーとは比較にならないという。

「先発ローテに入れば、2ケタ勝利にはいくと思います。入る球団によって違いはありますが、防御率は3点台の可能性があります。投げる球が軽いので、メジャーリーガーがコツンと打てばホームランになってしまうからです。ダルビッシュは確かに好投手ですが、イチローみたいに記録を狙うのは難しいと思います。しかし、球団や球場に恵まれれば、5年は十分活躍できると思いますよ」

   望み通りの好条件にならなければ、ダルビッシュ投手が日本ハムに残留する可能性も報じられている。とすると、当初の発言通りの結果になることになるが、菅谷さんは、こう言う。

「彼は、MVPなどほとんどのタイトルをすでに獲得しています。もう日本では、新たな目標はないはずです。昨シーズンに楽天の岩隈久志投手が移籍しなかったのは事情があっただけで、そのようなことにはならないでしょう。次は、野球選手ならあこがれるワールドシリーズが、やはり目標になるでしょうね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中