「短期決戦」就職戦線スタート 知名度の高い大企業に殺到か

印刷

   例年より2カ月遅れで、「短期決戦」の大卒の就職戦線(2013年春採用)が本格的にスタートした。会社説明会やセミナー解禁が2カ月遅くなった影響はどうか。また、今年の方式が来年以降を続く保証はない中、今後の就職戦線はどうなっていくのか。

   実際の採用試験や面接などの選考開始は「4月以降」のままで、これまでと変わりない。このため関係者の間では「学生が企業を研究する時間が短縮されると、4月の採用試験で学生は十分な知識がないまま、知名度の高い大企業に殺到するため、例年よりも競争が激化するのではないか」との指摘が出ている。

これまでは会社説明会は10月に解禁

   昨年まで新卒者(大学3年生)向けの会社説明会は10月に解禁されていた。今年から2カ月遅れになったのは、大学側から「早期の選考活動は学業に影響が出る」との指摘を受けた経団連が、選考活動の指針となる「倫理憲章」を改正したためだ。

   かつて就職活動に関するルールとしては、文部省(当時)と労働省(同)が企業側と結ぶ「就職協定」が存在したが、企業間の競争激化で形骸化したため、1996年に廃止された。しかし、協定廃止は企業側から「ルールがないと、かえって混乱する」との指摘が出たため、1997年に経団連が自主的に「採用選考に関する企業の倫理憲章」を制定。法的拘束力はないものの、企業側に採用活動の早期化を自粛するよう呼びかけてきた。

   近年は、3年生の6月ごろから企業のインターンシップ(就業体験)が始まるなど早期化が進んでいる。大学側の「学業に支障が出る」との指摘を経団連も考慮せざるを得ず、2011年3月、会社説明会だけでなく、就職情報サイトで学生の登録を受け付けるプレエントリーの開始など「広報活動」を従来の8月から10月とすることを決めた。 

選考開始遅らせば、就職できない学生さらに増える?

   経団連が会社説明会などを2カ月遅らせたものの、採用試験や面接を4年生の4月以降のままとしたのは、リーマン・ショック以降、再び「就職氷河期」となった大学生の就職率が厳しいからに他ならない。2011年春卒の大卒就職率は91.0%と過去最低を更新した。このため経団連は「4月の選考開始を遅らせば、就職できない学生がさらに増える可能性がある」と見ている。

   一方、経済界の間では「4月以降」の選考開始をさらに遅らせるべきだ、との意見もある。経済同友会や、商社でつくる日本貿易会は、面接や試験などの選考を4年生の「8月以降」にすべきだと主張している。大学生の就職活動が3年生の秋に始まり、早ければ4年生の春で決着するという現状のスケジュールは、かつて就職活動が4年生になってから始まった時代と比べると、大学生が落ち着いて学生生活を送れるのは2年生までということになる。学生の間では、これまで通り4月以降の選考を望む声が強いが、就職活動のあまりの早期化には、採用する企業側も危機感を抱いているようだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中