セクハラ疑惑クロアチア大使が「人事異動」 処分はせず「灰色決着」に終わる?

印刷

   現地採用した女性の事務職員にセクハラ行為を行ったと週刊誌に報じられた田村義雄・駐クロアチア大使が、大使の任を解かれることになった。外務省は大使の処分はせずに単なる「人事異動」で決着させる見通しだ。

   田村氏は東大法学部を経て1971年に大蔵省(現財務省)に入省。財務省関税局長などを経て06年9月から08年7月まで環境事務次官を務めた。09年5月にクロアチア大使に着任している。

20代クロアチア女性事務職員にセクハラ行為?

   スキャンダルが明らかになったのは、2011年12月5日発売の「週刊ポスト」12月16日号。同誌によると、田村氏は20代のクロアチア人の女性事務職員に対して、公用車後部座席で強引にキスをしたり、抱きついて体を触ったりするセクハラ行為を行った疑いが持たれている。さらに、この女性が一家の家計を支えていたこともあって、職を失うのを恐れて半年間にわたって泣き寝入りを余儀なくされたという。だが、10年11月に本省に告発状が届いたのをきっかけに、11年1月に査察官が現地に派遣され、事情聴取を行ったという。

   この件に関する公式な反応は少なく、玄葉光一郎外相が2011年12月7日の会見の場で、週刊ポスト記者の質問に対して回答した程度だ。玄葉氏は、セクハラ報道については「承知している」ものの、

「一般論として申し上げるが(公務員として不適切な行為が)あれば、これは当然ながら厳正に対応し、必要ならば適切な処分を行うというのが私の方針だ」

と、一般論を述べるにとどまった。

事実上の更迭との見方も

   新たな動きがあったのが、その翌日の12月8日。共同通信などによると、12月20日にも発令される辞令で、田村氏は大使を交代させられるという。大使の任期は通常であれば3年程度なので、事実上の更迭との見方もできる。外務省は田村氏がセクハラ行為を行った可能性はあると見ているものの、(1)田村氏がセクハラ行為を否定している(2)再発防止策がとられている、ことなどを理由に処分はせずに人事異動にとどめた様子だ。

   外務省の人事課では、

「報道は承知しているが、事実関係についてはコメントを差し控えたい。セクハラ行為が確認された場合は、これまでも厳正に対処してきている」

としており、公式にはセクハラの事実を認めていない。

   クロアチアでは12月4日に総選挙が行われ、8年ぶりの政権交代が確実な情勢だ。クロアチアメディアの現時点の関心は政局にあるため、今回のセクハラ問題については大きく報じられてはいない。だが、田村氏は離任の際にはクロアチア政府にあいさつに出向く必要があり、その場でクロアチア側が不快感を示す可能性もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中