サッカー「岡ちゃん」中国へ 杭州のプロチーム監督が濃厚

印刷

   サッカー日本代表前監督の岡田武史氏が、中国のプロサッカーチームから監督就任を要請され、これを受ける見込みと中国メディアが伝えている。

   日本のスポーツ競技で海外から指導者を招へいするケースは多いが、日本人監督が外国チームを率いる例は珍しく、注目が集まっている。

リーグ加盟4年目でAFCチャンピオンズリーグ出場

杭州緑城のウェブサイトでは、岡田氏の訪問を写真入りで紹介
杭州緑城のウェブサイトでは、岡田氏の訪問を写真入りで紹介

   岡田氏に監督オファーを出したのは、中国のプロサッカー・スーパーリーグのチーム、「杭州緑城」だ。本拠地は浙江省杭州市で、2010年はリーグ加盟4年目で順位を4位まで上げ、アジアのクラブチームの王者を決める「AFCチャンピオンズリーグ」に初めて出場した。

   中国のサッカー専門紙によると、岡田氏は2011年12月15日にも監督就任受諾のため杭州緑城を訪れる予定だという。過去に日本人選手がスーパーリーグでプレーした例はあるが、監督となれば初めてだ。

   岡田氏の日本での実績は申し分ない。ワールドカップ(W杯)では1998年のフランス大会、2010年の南アフリカ大会の2度、代表チームを率いた。南ア大会では事前予想を覆す快進撃でベスト16に進んだのは記憶に新しい。クラブチームでも1999年、当時J2に降格していたコンサドーレ札幌の監督に就任、翌年にはJ2優勝でJ1復帰を決めた。さらにJ1横浜Fマリノスで2003、2004年のシーズンに連覇を飾っている。

   一方中国のサッカー事情は、日本と比べると「発展途上」と言えよう。AFCチャンピオンズリーグでは2003年の開始以降、中国のチームが大会を制したことは今までない。代表チームの戦績を見ると、日韓共催となった2002年にW杯初出場を果たすが,以後は予選を突破できず、2014年のブラジル大会も既に3次予選敗退となり、本戦出場はかなわなかった。

   杭州緑城は伸び盛りの若いチームだ。クラブの施設も充実しており、チームの公式ウェブサイトを見ると、メーンとなるグラウンドに加えて8面のサッカー練習場を有するという。敷地面積は3万5000平方メートル、サッカー中国女子代表やユース代表のメンバーも利用するとなっている。またサイトには、岡田氏が12月6日に杭州を訪れて杭州緑城の幹部と会談したことが写真入りで報じられている。

海外ではシンクロ、レスリング、フィギュアのコーチ

   日本人指導者が中国で活躍する例として有名なのは、シンクロナイズドスイミングの井村雅代氏だ。日本代表のコーチとして1984年のロサンゼルス五輪以降、多くのメダリストを育ててきた。2004年のアテネ五輪終了後、中国代表のコーチに就任。2008年の北京五輪団体では、古巣の日本代表を破って銅メダルに輝く躍進をみせた。

   世界に目をやると、同じシンクロ競技でスペイン代表チームを北京五輪団体銀メダルに導き、現在は米国代表を率いる藤木麻祐子氏、レスリングのアフガニスタン代表コーチとしてアテネ五輪に出場した赤石光生氏、米国の男子フィギュアスケーター、ジェレミー・アボット選手を指導する佐藤有香氏らがいる。しかし、日本人が国際的に高い水準で監督やコーチを務めるケースはまだ少ない。この点、岡田氏は代表とクラブチームそれぞれで好結果を残してきた。気が早いが杭州緑城の次は中国代表監督、という道筋も想像できる。

   W杯南ア大会前、劣勢が伝えられる中「世界を驚かす覚悟がある」と強豪国を破ってベスト16に進出した岡田氏。杭州緑城の監督に就任する意味について、「国レベルではできないことができるかもしれない」と日刊スポーツのインタビューで意気込みを語っていた。数年先を見据えた岡田監督の「答え」は、12月16日にも記者会見で明らかになる模様だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中