ツイッターで「他者の名誉傷つけた」 早大政経学部生が停学処分

印刷

   ツイッターをはじめとするネット上の失言が相次ぐなか、早稲田大学が、ネット上の書き込みを理由に学生に対して停学処分を下していたことが明らかになった。

   大学側は、処分が行われた経緯については明らかにしていないものの、11月には早大生が地下鉄の乗客を盗撮して写真をツイッターに投稿したとして問題化したばかり。この写真を投稿した学生が処分された可能性もある。

学内掲示板で処分を発表

   処分は2011年12月7日付けで、学内の掲示板に張り出された。張り出された紙には、

「政治経済学部 学部運営委員会は、学則第四十六条により、次のとおり処分を決定した」

とあるが、処分の内容は

停学:1名 理由:「短文投稿サイトに、他者の名誉を傷つける内容を投稿した」

とあるのみだ。なお、処分の根拠になっている学則の46条は

「学生が本大学の規則もしくは命令に背きまたは学生の本分に反する行為があったときは、懲戒処分に付することができる。懲戒は、譴責、停学、退学の3種とする」

となっている。「他者の名誉を傷つける内容を投稿した」ことが、「学生の本分に反する行為」に認定されたとみられる。

   早稲田大学の広報課では

「(処分の)内容についてはお答えできない」

と話すのみで、具体的にどのような行為に対して処分が行われたのかは不明だ。

11月には「ヅラ発見」と書き込んで批判続出

   だが、早稲田大学の政治経済学部をめぐっては、11月11日に、所属学生とみられる人物が「100億%のヅラ発見」とツイッターに書き込んだことで騒動になったことが知られている。この人物は、書き込みと同時に、おでこと頭髪の境がはっきりとして、かつらを着用しているように見える中年男性の写真を、顔が見える状態でアップロード。写真は、地下鉄内で男性の断りなく撮影されたとみられ、ネット上では「盗撮」などと批判が続出した。投稿について大学側に通報する人もいた。

   このため、今回の処分は、この投稿をした学生に対して下された可能性もある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中