北朝鮮「権力継承」スムーズに進むか 韓国シンクタンク3つのシナリオ

印刷

   北朝鮮の金正日総書記の死去を受け、3男の正恩氏が後継者として正式に発表された。だが、専門家からは「本当の後継者だと認識されるまでには数年はかかる」という指摘もあり、集団指導体制になるとの見方もある。権力の空白が生まれた場合、市民による暴動が起こり、それを軍が武力で鎮圧する可能性を指摘する向きもあり、予断を許さない状況だ。

朝鮮中央通信は「チュチェ革命偉業の偉大な継承者」

   正日氏が死去したしたとされるのは、2011年12月17日朝のことだ。韓国政府系のシンクタンク「統一研究院」(KINU)では、すでに10年1月時点で「金正日総書記は、2012年以降、この世に存在しない可能性が高い」と予測していた。まさにこれが的中した形だ。この報告書では、かなり厳しい見通しが示されている。今後起こりうるシナリオとして指摘されているのが、(1)正恩氏が権力を継承して世襲(2)軍部が中心の集団指導体制(3)軍から新指導者が登場する、という3つだ。仮に正日氏の死後に権力の空白が生まれた場合、食糧不足や汚職が加速する可能性があり、デモや暴動が起こる恐れもある。その際は(1)軍が出動して武力を行使した結果、流血の事態に至る(2)国民の不満を国外に向けさせるため、朝鮮半島で局地戦を起こすといった可能性があるという。

   現時点では、北朝鮮当局は(1)の「世襲」の正統性をアピールするのに躍起だ。国営朝鮮中央通信は、12月19日午後、正恩氏のことを

「チュチェ革命偉業の偉大な継承者であり、わが党と軍隊と人民の卓越した指導者」

と表現。正恩氏への忠誠を誓う市民の声を次々に伝えた。例えば、内閣に勤務するというホ・ソンチョルさん(55)は、

「金正恩同志がおられるおかげで、我々の革命は今日も明日も必ず勝利する」

と正恩氏を称賛。工場従業員のキム・オクソンさん(24)は、

「悲しみを強さと勇気に変えて、敬愛する金正恩同志に忠実であり続ける」

と、涙を流しながら話した。

「後見人」張成沢氏の序列は大きく上がらず

   だが、専門家からは「世襲までには、あと数年かかる」との見方も出ている。例えば、6か国協議の米国代表を務めたクリストファー・ヒル元東アジア・太平洋担当国務次官補は、英BBCに出演し、

「正恩氏は、現時点ではまだ後継の準備ができていないのではないか。軍は、正恩氏に注文を付けたいことが沢山ある。正日氏に気に入られて復権した、義理の弟の張成沢(チャン・ソンテク)氏が、当分は大きな役割を果たすことになるだろう。だが、現時点で誰が本当のリーダーシップを持つかは、はっきりしない。正恩氏が本当の後継者だと認識されるまでには、あと数年かかるのではないか」

と、軍とのつながりが弱い正恩氏を張氏が支えていく、集団指導体制になるとの見方を示した。

   なお、軍のナンバー2だった趙明禄(チョ・ミョンロク)氏が10年11月に死去した時の国家葬儀委員会の名簿では、張氏の序列は22位で、正恩氏は2位だった。12月19日に発表された名簿では、正恩氏の序列は232人中1位。後継者としての位置づけが確認される一方、張氏の序列は19位で、大きく序列が上がっている訳ではなく、張氏が現時点で正恩氏の「後見人」たり得るかは不透明。軍部の発言力が強まる可能性もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中