工業デザイナーの草分け、柳宗理氏死去

印刷

   日本の工業デザイナーの草分けで、数多くのユニークな作品を手掛けた柳宗理(やなぎ・そうり、本名宗理=むねみち)氏が、2011年12月25日、肺炎のため都内の病院で死去した。96歳だった。

   柳氏は、日本を代表する工業デザイナー。チョウが羽を広げたような椅子「バタフライスツール」で、1957年「第11回ミラノ・トリエンナーレ」の金賞を受賞したのをきっかけに、国際的なデザイナーとして活躍。「東京オリンピック」や「札幌冬季オリンピック」の聖火台やトーチ・ホルダーのデザインも手掛けるなど、幅広い活躍を見せた。

   東京都目黒区の日本民芸館館長や日本民芸協会会長も務めたほか、2002年には文化功労者に選ばれた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中