杉内バッシングは止む気配なし 「結局はカネ」とファンが激怒

印刷

   ソフトバンクホークスからFA(フリーエージェント)で巨人軍入りした杉内俊哉投手(31)へのバッシングが止まらない。

   FA宣言したのは、そもそも球団の制度を変えるのが狙いだったはず。にもかかわらず、巨人軍のエースナンバー「18」を与えられて喜んでいる姿が、ホークスの選手やファンの感情を逆撫でしたらしい。やっぱり移籍すること、カネだけが目的だったじゃないか、ということらしい。

「行動や発言が支離滅裂で筋が何も通って無い」

   決断した理由について、巨人軍への移籍が決まった2011年12月19日の会見では、球団の小林至取締役(43)から「FAしても(杉内投手を)必要とする球団はない」と言われるなど、小林氏の対応が酷かったことを挙げた。小林氏は20日に責任をとる形で取締役を辞任した。

   にもかかわらず、移籍を決めた一番の理由として、エースナンバーの「18」を提示されたことを挙げた。

   12月23日の巨人入団会見では「早くユニホームを着て野球がしたい」「原監督を胴上げしたい」などと嬉しそうに語った。しかし、巨人軍とは4年契約で総額20億円、「巨人軍入りは子供の頃からの夢」という報道もあり、ネットでは、

「ソフトバンク愛はなくて、結局はカネだったんだろ」
「行動や発言が支離滅裂で筋が何も通って無いじゃないか」

などとバッシングが繰り返されることになった。

   メディアの中にも「なーんだ杉内 やっぱりFA宣言はテメーのためかよ」(日刊ゲンダイ:11年12月22日)といった批判が出てきた。

発言の背後に経営への不信感?

   スポーツジャーナリストの工藤健策さんによれば、かつて落合博満氏がロッテから中日に移籍する際に、ロッテの悪口は言わなかったように、立つ鳥跡を濁さないという暗黙のルールがプロ野球選手には存在する、という。だから杉内投手も何も言わずに移籍すれば、バッシングは最小限に抑えられたはずだとみる。

   それでもなぜ、一連の発言があったのか。ソフトバンクに対する強い不信感があり、言わずにいられなかったのだろうと工藤さんは見ている。

   不信感は杉内投手に限ったものではない。たとえば年俸。新聞で報道されるものとは明らかに違っていることが多いそうだ。そのため、選手達に不満が溜まる。

「言ってはいけないと分かっていても、杉内投手のように語ってしまうのは、ある意味無理からぬことなんだと思います」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中