厳冬下に40キロ市民の列 金総書記国葬行われる

印刷

   北朝鮮の金正日総書記の告別式が2011年12月28日、平壌市内で行われた。1994年に行われた金日成国家主席の告別式と同様、沿道には軍人らが整列し、嗚咽しながら葬列を見送った。霊柩車の横には、金正恩氏とみられる男性も姿を見せた。

   告別式は14時ごろから始まった。当初は午前10時からとされており、雪のため延期された可能性もある。

黒いリムジンの上に巨大な肖像画

錦繍山記念宮殿をスタートした金正日総書記の葬列。棺を載せた車両の手前に立つ男性が金正恩氏とみられる(朝鮮中央テレビより)
錦繍山記念宮殿をスタートした金正日総書記の葬列。棺を載せた車両の手前に立つ男性が金正恩氏とみられる(朝鮮中央テレビより)

   朝鮮中央テレビの実況放送によると、葬列は遺体が安置されていた錦繍山(クムスサン)記念宮殿をスタート。パトカーが先導し、金総書記の巨大な肖像画を屋根に載せた黒いリムジン、「金正恩」の名前が入った花輪を屋根に乗せた車、金正日総書記の棺を乗せた車などが続いた。棺を乗せた車の脇には、3男の金正恩氏や、後見人とされる張成沢氏とみられる男性が寄り添って歩く姿が確認できた。

「空も山も、血の雨を流している」

   この日の平壌の天気は雪。予報によると、平壌の最高気温は4度で、最低気温はマイナス4度。中継に映し出された女性軍人は、

「空も泣かずにいられないだろう。空も山も、血の雨を流している」

などと話していた。朝鮮中央通信によると、極寒模様の中、平壌市民は約40キロにわたって葬列を見送った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中