「総額4万円以上」が2万1000円 放射線測定器入り「福袋」が出現

印刷

   ガイガーカウンター(放射線測定器)が「福袋」に入れられて販売されている。2011年3月の福島第1原発事故以降、品切れ状態が続きネットオークションでは高値で取り引きされていただけに、「だぶついて売れ残っているのだろう」といった憶測まで出ている。

   ガイガーカウンター入りの福袋を2011年12月27日から販売しているのはゲッコー・アンド・カンパニーのガイガーカウンター専門店「GEIGER-JP」。

ガイガーカウンターの無料貸し出しもしていた

   税込み2万1000円(50個限定)、5万2500円(同20個)、30万円(同3個)の3種類で、2万1000円の福袋には2万円から4万円以上相当の新品ガイガーカウンターが必ず1台入っている。その他に雑貨や電子機器、PCパーツを入れ、総額4万円相当になるのだそうだ。

   なぜこんな福袋を発売したのか。ゲッコー・アンド・カンパニーに聞いてみると、きっかけになったのは2011年5月から始めたガイガーカウンターの無料貸し出しだったという。

   同社のテレフォンオペレーターをしている主婦のパートが提案した。子供を持つお母さんは放射能にとてもナーバスになっているが、値段が高いため買えない人もいる。そうした層向けに5台用意したところ、多い日は1日で20件から30件の問い合わせがあり、予約は1年以上先まで埋まってしまった。

メーカーが増え、品切れ状態は解消

「こういう状況なら、採算を度外視して販売したほうがいい、などといった意見も社内から出まして、それを実現するいい機会が『福袋』だったわけです」

   同社ではこう説明する。入っているガイガーカウンターは売れ残り品ではなく、後にクレームが出ないように日本製、ロシア製、ウクライナ製といった実績のある国の製品を入れている。

   一時は購入者が殺到して店頭から消えたガイガーカウンターだが、東京・秋葉原にある専門店に話を聞いてみると、輸入の増加や国内でも製造するメーカーが増えたことで品切れになることは無くなった。

   総合商社フジテックスでもここに来て安定した販売ができるようになった、と説明する。一方で、購入客はガイガーカウンターのメーカーにこだわりを持つようになってきていて、入荷すると直ぐに完売するメーカー製品もあれば、なかなか売れないものも出るようになっている、と打ち明ける。

「それでも全体的に需要は高いと言えます。原発事故の影響とはこれからも長い付き合いになると思いますので、まだまだ売れていくのではないでしょうか」

と同社の担当者は話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中