民主9議員が離党届け 消費増税に反発

印刷

   民主党の内山晃(千葉7区、3期)、斎藤恭紀(宮城2区、1期、気象予報士)両議員ら9人の衆院議員が2011年12月28日、離党届を出した。野田佳彦首相が進める消費税増税路線に反発した動きで、このうち8人は小沢一郎元代表の支持グループだ。小沢氏は消費増税に反対している。

   内山氏らは、6月に菅直人首相(当時)の内閣不信任案に賛成して民主党から除籍された松木謙公衆院議員(無所属)らと新党結成の準備を進める構えを見せている。

   民主党では、八ツ場ダム(群馬県)の建設中止撤回を受け、中島政希衆院議員(比例北関東)が12月24日、離党を表明した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中