被害届提出「1週間待ってほしい」 10日後にストーカー殺人の無念

印刷

   ストーカー被害を警察に相談していたのに、家族2人が殺害された。「『黙って殺されろ』と(警察から)言われたのと同じ」。長崎県西海市で起きたストーカー殺人事件の遺族は、警察への不信を訴えている。

   被害相談を受けた警察の怠慢な対応が問題視され、ストーカー規制法ができるきっかけとなった桶川ストーカー事件(埼玉県、1999年)などへの反省から、警察は「変わった」はずではなかったのか。犯罪被害者の支援関係者からは失望や驚きの声も上がっている。

「警察からは(容疑者に)『手を出すな』と言われた」

事件を報じる新聞各紙
事件を報じる新聞各紙

   西海市2女性殺害事件で妻と母を亡くした自営業、山下誠さん(58)は2011年12月27日、事件発生までの経緯や心境を書いた文書を報道陣に寄せた。

   山下さんの3女(23)がストーカー被害にあっており、この「ストーカー」、無職筒井郷太容疑者(27)=三重県桑名市=が2人を殺害したとして長崎県警に逮捕された。交際に反対する家族を逆恨みしたとみられている。

   山下さんは文書で、千葉県警から被害届を出すのを「1週間待ってほしい」と言われたことや、「警察からは(容疑者に)『手を出すな』と言われたが、『黙って殺されろ』と言われたのと同じ」と訴えている。

   山下さんの文書などによると、事件の経緯は次のようなものだ。

   10月末、山下さんは長崎県警を通じ、3女が住む地区を担当する千葉県警習志野署に通報した。ネットで知り合った容疑者が3女宅に押しかけ、監禁状態にしていることを知ったからだ。

   10月30日、習志野署員らは現場へ向かい、容疑者を傷害の疑いで任意同行した。逮捕はせず、「3女には近付かない」と誓約書を書かせるにとどめた。

   しかし、容疑者はその後、3女の友人らに「3女の居場所を教えないと殺す」と脅迫メールを送った。

「被害者の安全確保が最優先。注意は逆効果」「繰り返される同じ事件」

   12月6日、山下さんらは3女への傷害の被害届を出そうと習志野署を訪れたが、「1週間待ってほしい」と言われた。

   12月9日、千葉県警は容疑者を出頭させ話を聞いた。容疑者は、3女への暴力はもうふるわず、連絡も取らない、と話したという。この段階でも県警は逮捕を見送っている。

   12月12日(6日から約1週間後)、山下さんらは再度習志野署を訪れ、被害を訴えた。千葉県警は14日に傷害事件として被害届を受理した。

   そのわずか2日後の16日夕、2女性殺害事件が長崎県西海市の山下さんの自宅敷地で起きた。翌17日、容疑者が逮捕された。

   こうした警察の対応をどう見るのか。

   インターネット上では、ツイッターなどで「被害者の安全確保が最優先。注意は逆効果」「繰り返される同じ事件」「どうやって身を守ればよいのか、銃を持てと言うのか!!!」といった反応がみられた。

   ストーカー事件に詳しい東京都内の男性弁護士は、「遺族のお気持ちは分かるし、警察をかばう気もないが、今報じられている範囲では、即警察がけしからん、というのは難しいのではないか」と話した。

   10月末と12月6日の相談の後、ほどなく本人を出頭させるなどの対応は取っており、「桶川事件とは異なる印象だ」。また、「被害届の1週間先延ばし」についても、逮捕できる証拠がそろっていたのかどうか、などの状況が分からないと評価は難しいと答えた。

「おかしいし、信じられない」

   一方、「全国犯罪被害者の会」の松村恒夫・代表幹事代行は、「山下さんの文書や報道が事実だとすれば」という前提で次のように話した。

「理由も明かさずに『被害届を1週間待ってほしい』と警察が言ったのだとすればおかしいし、信じられない。桶川事件などを受け、警察の対応はもっと被害者に寄り添う方向に向かっていたと思っていたが、今回の報道を知り、びっくりしている。残念だ」

   遺族の山下さんは、「こういうことになるのであれば、私が(容疑者を)殺しておけばよかった」とも綴っている。

   「1週間待ってほしい」などと対応したとされることについて、千葉県警は、J-CASTニュースの取材に対し、「事実関係を検証中」と回答した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中