株式市場はオンラインゲーム頼み グリー、ネクソンが人気度「ベスト10」入り

印刷

   欧州債務危機や東日本大震災の影響で下落傾向が続いた2011年の東京株式市場。東証1部の売買代金が1兆円を割り込むことも珍しくない低調ムードの中、市場の盛り上げ役を担ったのが、グリー、ディー・エヌ・エーといった携帯電話向けオンラインゲーム関連株だ。

   年末にパソコン向けオンラインゲーム大手「ネクソン」の大型新規上場もあった。暗い話題が多いなか、オンラインゲーム銘柄の成長性が期待を集めている。

倍々ゲームで急成長

   2004年12月に設立された、交流サイト(SNS)「GREE」を運営するグリー。東証マザーズに2008年12月、東証1部に2010年6月に上場した。GREEは専ら携帯電話のサイト。そのGREE上で提供される、釣りゲーム「釣り★スタ」、ケータイでペットを飼う「踊り子クリノッペ」といったゲームが人気で、会員数は2011年9月末時点で2770万人に上る。

   ゲームを遊んでも基本的に無料だが、より楽しみたい場合には有料になる仕組み。この課金ゲームとサイト上に展開する広告で稼ぐビジネスモデルだ。

   2011年6月期の連結売上高は641億円だが、それ以前の過去2期からはほぼ倍々ゲームで増えており、2012年6月期の予想もやはり前期比2倍超の1350億円。最終(当期)利益は2011年6月期182億円だが、2008年6月期の5億円から年々急伸。2012年6月期の予想は360億円。東証1部では数少ない超成長企業だ。

   プロ野球の横浜球団買収で話題を呼んだディー・エヌ・エーは、グリー同様、携帯電話でさまざまなゲームを無料で楽しめるSNS「Mobage(モバゲー)」を運営。2011年3月期の連結売上高は1127億円で、最終利益は316億円。2012年3月期は売上高1400億円、最終利益400億円を見込む。

低調な市場で活発な商い

   これに対しネクソンは韓国系で、パソコン向けにオンラインゲームを配信。顧客は基本的に無料でゲーム遊べるが、「もっと先を楽しみたい」ユーザーは料金を払う仕組み。ゲームの自社制作もしており、ディー・エヌ・エーなどにも配信している。

   オンラインゲームに株式市場の関心も高い。特に成長株のグリーは売買代金上位の常連で、2012月22日は東証1部で6位の102億円。低調な市場の中でも常に商いが活発な銘柄となっている。

   時価総額(12月22日現在)で3社を見ると、グリーは5911億円で1660社超の東証1部で97位。いすゞ自動車とダイハツ工業に挟まれる水準だ。ネクソンは4751億円で123位、ディー・エヌ・エーは3432億円で163位というのが市場の評価。ただ、株の人気度も示すPER(株価純資産倍率、12月22日現在)の高さで見ると風景が変わる。グリーは16.10倍で東証1部で堂々の3位。ネクソンは7.21倍で10位、ディー・エヌ・エーは4.50倍で18位。東証1部全体が0.91倍にとどまる中、成長性への期待の高さも浮き彫りにしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中