アウディがロータリーエンジン搭載EV 実用レベルに近づく

印刷

   ドイツのアウディが開発した電気自動車(EV)「Audi A1 e-tron」が世界的にもユニークなEVとして、国内外のメディアの注目を集めている。同車には発電用のロータリーエンジンが積まれているからだ。

   アウディ・ジャパンはこのほど、神奈川県の箱根ターンパイク(TOYO TIRESターンパイク)を借り切り、アジア各国のメディア向けの試乗会を初めて行った。あえて急峻で過酷な箱根をテストコースに選んだことからもわかるように、ロータリーエンジン搭載のアウディの EV は実用レベルに近づいているようだ。

発電用にロータリーエンジン

Audi A1 e-tron
Audi A1 e-tron

   アウディとEV、ロータリーエンジンの組み合わせは異色だが、このロータリーエンジンはあくまでEVに必要な電力を供給するための発電用で、ロータリーエンジンが直接、タイヤを駆動する動力としては用いられない。アウディはこれを「レンジエクステンダーEV」、つまり走行距離を伸ばすためにロータリーエンジンを用いるEVと呼んでいる。

   これまで「シリーズハイブリッド」と呼ばれてきたハイブリッドカー(HV)の一種で、外部電源から充電して走る日産リーフのような純粋なEVとは異なる。電池が不足した場合は、エンジンを始動して充電しながら走ることができるが、エンジンとガソリンを搭載していることから、一般にはEVというよりも、HVに分類されることが多い。

   トヨタプリウスやホンダインサイトのように、エンジンを駆動力のメインとして使いながら、電気モーターを補助的な動力して用いるHVは、エンジンと電気モーターのマッチングが難しく、高度な技術が必要だが、シリーズハイブリッドの場合、エンジンは発電のみに用いられるため、「プリウスのような高度なHVに比べると、技術的にもコスト的にも容易に開発できる」(自動車メーカー関係者)という。

   このため、シリーズハイブリッドはエコカーの選択肢のひとつとして有力だが、アウディが注目されるのは、その発電用のエンジンに従来のレシプロエンジンではなく、ロータリーエンジンを用いたことにある。ロータリーエンジンは、言うまでもなく自動車ではマツダが世界で唯一、量産化に成功し、小排気量で高出力、レシプロとは比較にならない高回転域の静粛性で多くのファンを魅了した。しかし、燃費の悪さが最大のネックとなり、最後まで残った量産車「RX-8」も2012年夏の生産中止が決まっている。

   いわばロータリーエンジンの敗北が確定した中で、アウディが発電用とはいえ、ロータリーエンジンを採用した意義は大きい。ロータリーエンジンは燃費を克服できず、本来の動力源としては生き残れなくとも、シリーズハイブリッド(アウディが主張するレンジエクステンダーEV)の発電機としては存続する可能性があるからだ。

最大250キロまで航続距離を伸ばせる

   アウディによると、搭載するロータリーエンジンは254ccと小型で、5000回転で15KW(20ps)を発生する。ロータリーエンジンは、レシプロエンジンのようにピストンの往復運動ではなく、ローターの回転運動によって動力を取り出すため、一定の回転数を保ちながら発電機を回すには都合がよい。燃費はレシプロエンジンに比べて悪くとも、小型で高出力、しかも静かに回転するというメリットがある。シリーズハイブリッドに発電用として搭載するには、ロータリーエンジンはコンパクトで静かで、「車内ではエンジンが動いているのが気にならない」(関係者)という。

   A1 e-tronは電気モーターのみで50キロの走行が可能。ロータリーエンジンを使って充電すれば、最大250キロまで航続距離が伸びるという。アウディは「航続距離やスポーティーな走行性能など、現在のEVが抱える課題にひとつのソリューションを提案するモデル。ドイツでは既に実証実験を開始している」という。市販は未定というが、ロータリーエンジンが姿を変え、アウディのEVとして登場する日は、さほど遠くはなさそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中