橋下市長、ひき逃げ容疑「維新の会」市議を除名へ

印刷

   「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長は2012年1月3日、ひき逃げ容疑で逮捕された同会所属の堺市議・西井勝容疑者について、ツイッターで除名処分する意向を示した。

   橋下市長は「大阪維新の会のメンバーがこのような大失態を犯したことを謹んでお詫び申し上げます」とツイッター上で謝罪。事実確認をした上で西井容疑者を除名処分にするほか、議員辞職勧告も行うとしている。正式決定は、4日に開かれる同会の全体会議で下される。

   橋下市長は知事時代、府民・府警と協力して飲酒運転撲滅キャンペーンを展開していただけに、今回の件について「府民・被害者の方と府民・市民の皆様にお詫びしようがありません」として再度謝罪の言葉を述べた。4日の会議では「メンバーに対して、我々が置かれている立場の認識を再度徹底致します」としている。

   西井容疑者は1日午後、軽自動車を運転中に女性調理師のスクーターと衝突。女性に軽症を負わせて走り去ったとされ、2日、自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中