サイバーエージェント、子会社社長は「新卒内定者」 アプリ開発して抜てき

印刷

   サイバーエージェントがこのほど設立したスマートフォン向けアプリ開発の子会社「シロク」の社長に、2012年4月に入社予定の大卒内定者を抜てきした。

   社長になった飯塚勇太氏ら4人の取締役は学生時代に共同で、写真共有サービスを提供するアプリ「My365」を開発。この事業をサイバーエージェントが譲り受け、法人化した。

インターンシップ通じて知り合い

「新卒内定者」の飯塚社長が就任(写真は、シロクのホームページ)
「新卒内定者」の飯塚社長が就任(写真は、シロクのホームページ)

   サイバーエージェントは「シロク」を、資本金5000万円で2011年12月1日に設立。iPhoneのカメラで撮影した写真をソーシャルネットワークサービス(SNS)上に載せられる、写真共有サービスのアプリ「My365」のサービスの運営を、12年1月20日から開始する。

   この新会社の社長に就任したのが飯塚勇太氏、21歳。現在はまだ慶応大学の4年生だ。「My365」の開発者の一人とはいえ、入社前の新卒内定者が社長に就任したのは、新規事業の経営に若手社員を抜てきしてきたサイバーエージェントといえども初めてのことだ。

   「My365」は、11年10月にサービスの提供を開始した。「なにげない毎日は、振り返ると素敵な思い出でした」というコンセプトのもと、1日1枚、自身にとって印象的な瞬間を写真に収めてアップロードし、カレンダーとして残すというサービス内容が受けて、クチコミで広がりダウンロード数を伸ばしている。

   日本のみならず、タイや香港などでも人気で、アクセスの約3割がアジアを中心とした海外ユーザー。これまでのダウンロードは約30万回にのぼるという。

   スマートフォンの普及で人気が高まっている写真共有サービスは、最近では大手SNSのGREEが女性向け写真共有サービス「Snapeee」(マインドバレット社)と提携するなど、注目の分野でもある。

   サイバーエージェントによると、飯塚氏らインターンシップで知り合った学生が中心となってつくったアプリが「My365」で、「(アプリが)非常にユニークだったため、法人化して任せてみることにしました」と話す。

   とはいえ、飯塚氏らは他の内定者と同様に、きちんと採用試験を突破して内定をもらっていた。ちなみに、12年春にサイバーエージェントに入社する新入社員は約210人の予定だ。

経営者も「やってみて育つ」もの

   サイバーエージェントではこれまで、若手社員が新規事業を立ち上げて子会社の社長に就くケースはあった。

   たとえば、mixiアプリプラットフォーム向けソーシャルアプリ事業を展開する子会社「グレンジ」の木下慎也社長は入社後2年でモバイル事業の「CyberX」の取締役に就任、4年で同社の社長に就いた。2010年7月に設立したスマートフォン向けアプリケーション事業の「アプリボット」には当時、入社してわずか2か月の卜部宏樹氏が取締役を任され、話題になった。

   同社は、「とくに起業家志望を採用する方針などがあるわけではありません。ただ、新卒者の中には経営への意欲が強い人がいたり、過去にそういった若手に新規事業を任せて業績を伸ばしているケースもあります。経営者も、実際にやってみて『育つ』ところがありますから」と説明する。

   IT事業は初期投資が少なくて済むこともあり、「うまくいかない場合は早期に見直すこともありますが、若手に任せることへの不安はありませんね」と話す。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中