海外M&Aに積極的な日本企業 薬品、食品、保険に共通するもの

印刷

   日本企業の海外企業買収意欲が強まる一方だ。2011年は件数、金額とも過去最高を更新した。 少子高齢化で国内市場が低迷するなか、1ドル=70円台後半に定着した円高や世界的な株安が後押しし、海外に活路を求める動きが加速している。リーマン・ショック後に一時しぼんだ海外企業買収だが、「新興国を中心に今年も活発になる」(国内証券大手)と の見方が強い。

   米調査会社トムソン・ロイターによると2011年の件数は過去最高だった前年から19.4%増の634件。金額は80.1%増の690億4400万ドル。金額もこれまで最高だった2008年の675億2600万ドルを上回り、過去最高を更新した。

「麻雀業界」と揶揄される ビールは典型

   ただ、円建てで見ると2011年は5兆5118億円で、過去最高の2008年(6兆9935億円)に次ぐ高さ。この間に進行した円高ドル安が影響したものだが、 「過去最大級」には違いない。

   海外企業を買収する業種としては、やはり薬品、食品といった内需型産業の意欲が高い。

   ビール業界はその典型と言える。キリン、アサヒ、サントリー、サッポロの大手4社が国内市場のパイを奪いあうことから、これまで「麻雀業界」と揶揄されることもあった が、だんだんシャレにならなくなっている。2011年のビール系飲料市場は前年同期比で3%程度減少する見通し。この結果、国内市場規模は1992年に現行の統計を取り始めて以来、過去最低に落ち込むのは確実。今後も上昇は見込みづらく、活路を海外市場に求めざるを得ない状況だ。

   このため過去10年ほど各社はM&Aに積極的で、11年もアサヒがニュージーランドの酒類大手、インディペンデント・リカーを約1000億円かけて買収。キリンも11月、ブラジル2位のビール事業会社「スキンカリオール」の5割弱の株式を約1000億円で追加取得し、完全子会社化すると発表した。

国内市場低迷に苦しむ保険会社の買収意欲が高い

   ビール各社はこれまで「相対的にリスクが低く、安定的な成長を見込める」(アサヒの泉谷 直木社長)としてオーストラリアやニュージーランドといったオセアニア地域に積極的だったが、「買い尽くした感」(外資系証券)もあり、 新たな局面を迎えている。こうした中でのキリンのブラジル展開は新たな一手で成否が注目されている。

   薬品は規模が大きいのが特徴だ。1兆1000億円と昨年最大だったのも、武田薬品工業によるスイスの製薬大手ナイコメッド買収だ。買収される企業の業種別では2011年、「ヘルスケア」が1兆7000億円でトップだったが、武田のナイコメッド買収の貢献が大きかった。

   国内市場低迷に苦しむ保険会社の買収意欲が高いのも最近の特徴。11年末には東京海上ホールディングスが、米中堅保険デルファイ・ファイナンシャル・グループを約2000億円かけて完全子会社化すると発表。また、三井住友海上火災保険がインドネシアのシナール マス生命に約700億円、日本生命保険がインドの生保リライアンス・ライフに約480億円、それぞれ出資。明治安田生命保険はドイツ保険大手と組んでポーランド保険大手「オイ ロパ」を約330億円で買収するなど、各社が海外市場開拓を急いでいる。

   一方、円高メリットを生かして大手商社も資源権益確保を目的にM&Aに積極的だ。11年は伊藤忠商事が米投資ファンドなどと共同で米石油ガス開発会社を約5400億円で買収した。商社各社は業績好調で手元資金も豊富なため、2012年も大型案件が出ると見ら れている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中