元オウム斎藤容疑者の偽名は「祥子」 「彰晃」と偶然の一致なのか

印刷

   元オウム真理教幹部の平田信(まこと)容疑者(46)の逃亡を助けたとして、犯人蔵匿の容疑で逮捕された元信者の斎藤明美容疑者(49)は、逮捕後に「17年ぶりに本名を名乗りました」とコメントを出した。出頭時に名乗っていた偽名は、吉川祥子(よしかわ・しょうこ)。この偽名が、「教団への帰依を表しているのではないか」と憶測を呼んでいる。なぜならば、教組の松本智津夫死刑囚(56)=教団名・麻原彰晃(あさはら・しょうこう)=を連想させると指摘されているからだ。

偽名の保険証は00年に発行

   斎藤容疑者が逮捕された2012年1月10日、出頭に付き添った滝本太郎弁護士は、

「今日、私は17年ぶりに本名を名乗りました。私はずっとずっと偽名で生活し、仕事をしてきました。そんな偽りの人生は終わりにします」

とする斎藤容疑者のコメントを読み上げた。出頭した際に任意提出した保険証には「吉川祥子」と記載されていた。保険証は、勤務先の整骨院が申請し、00年に全国健康保険組合大阪支部が発行したとみられている。17年間の逃亡生活のうち、少なくとも12年間は、この「吉川祥子」の偽名を使っていたことが裏付けられた形だ。

   この「吉川祥子」の由来について話題にしたのが、2012年1月12日朝放送の「モーニングバード」だ。コメンテーターの田中喜代重弁護士が、保険証を入手した経緯について

「前にも(不正な保険証の申請を)やって大丈夫だったから、またやったという可能性も十分考えられる。また、そういう知恵を入れている人間がいたのかも知れない」

と推測すると、羽鳥慎一アナウンサーが

「他の逃げている手配犯の身柄を確保するということに関して、難しくなってくるのでは」

と、他の容疑者も偽名で保険証を入手している可能性を指摘した。

「祥子」は「ひょっとしたら何かもじっているかも知れない」

   その上で、俳優の松尾貴史さんがネーミングについて言及した。

「偽名の『祥子』という名前も、ひょっとしたら何かもじっているかも知れないと思うと…。そういう帰依みたいなものが残っているのかなぁと…」

   教団との関わりが続いている可能性をほのめかすと、羽鳥アナが引き取り、

「『麻原彰晃』の『彰晃』ということですか?そこでまだ、(帰依が)取れてないということがうかがえる」

と、まとめた。

   ネット上にも同様の疑問を持っている人はいるようだ。「ヤフー知恵袋」に立てられたスレッドでは、

「ショーコ、ショーコ、とかゆう不気味なオーム教団ソングがありましたよねえ?」
「偽名が朝倉祥子(しょうこ)なら笑っちゃいますね!」

といった声もあがっている。

   斎藤容疑者は前出の逮捕後のコメントの中で、

「教団では教祖麻原は絶対者でした。人の全ての輪廻転生(りんねてんせい)を握っていると信じ切っておりました」
「(平田容疑者と斎藤容疑者)2人は麻原の法廷での態度に失望しました」

と、松本死刑囚への決別を宣言している。ただ、偽名で保険証を申請したとされる00年時点で、斎藤容疑者が松本死刑囚の法廷での様子を把握していたかどうかは不明だ。松本死刑囚と決別が本物かどうか、あるいはいつ決別したのか、今後の斎藤容疑者の裁判で問われることになりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中