大阪市バス運転手「駆け込み早期退職」 民間並み給与大幅カットで1割が応募

印刷

   大阪市の橋下徹市長が、市バス運転手の年収を民間並みに削減する方針を打ち出したことを受け、希望退職者が急増していることが明らかになった。これは、現時点では早期退職者には退職金が加算される制度があるが、橋下市政では近く廃止される可能性が指摘されているためだ。今回の希望退職で運転手の約1割が退職してしまうため、残った運転手に休日出勤を求めるなどの対応に追われている。

市バス運転手の給料は民間より3割以上多い

   橋下氏が矛先を向けているのが、バスの運転手の年収の「官民格差」。大阪市交通局のバス運転手の平均年収は739万円なのに対して、関西の民間バス会社5社の平均は544万円。民間よりも3割以上多い。地下鉄運転士の平均年収は734万円で、関西の私鉄5社の平均664万円よりも1割多い。

   橋下氏は市の総人件費を2割カットする方針を打ち出しており、交通局にもメスが入った。2011年12月23日に市幹部を集めて行った戦略会議で、橋下氏は

「来年(12年)4月に民間水準に合わせる。先延ばしの理由は何もない」

と指示。段階的に給料を引き下げる経過措置についても「長い期間は考えていない」と消極的で、急に給料が激減する可能性が高い。

   大阪市では、早期退職を促すことを目的に、07年から退職金を加算する制度を導入。勤続25年以上か50歳以上の職員で、9月末か3月末に退職する職員が対象だ。これに加えて、交通局では11、12年度に限って早期退職の対象年齢を45歳以上に拡大。退職金の加算率も通常の20%から30%(45~55歳で退職した場合)に引き上げた。これは、バス事業の民間委託を進めているため、交通局は他部署と比べても人員削減を急ぐ必要があるからだ。だが、橋下市政のもとでは、今後もこの制度が存続するかどうかは不透明だ。

月に1~2回、休日出勤で対応 交通局「『間引き運転』のようなことはないようにしたい」

   このこともあって、「駆け込み退職」とばかりに、11年度末に退職する人が急増しているのだ。交通局職員部によると、10年度末に早期退職制度を利用した人の数は、交通局全体で12人。そのうち、バス運転手は5人だ。これに対して、11年度末に退職を予定している人の数は交通局全体で217人、そのうちバス運転手は77人。いずれも約15倍に跳ね上がっている。

   11年度末の希望退職が締め切られたのは11年12月28日。橋下氏が交通局の給料大幅カットを打ち出したのが12月23日なので、かなりの人数が、わずか5日程度で退職の決断に踏み切った可能性がある。

   なお、11年12月1日時点での交通局の職員数は6768人で、そのうちバス運転手数は715人。バスの運転手は、一気に1割以上がいなくなる計算だ。交通局では、

「月に1~2回、休日出勤をお願いすることで対応したい。『間引き運転』のようなことはないようにしたい」

と話しており、運行への影響は避けられる見通しだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中