各種世論調査で消費増税「反対」5割超 野田改造内閣「逆風下」の船出

印刷

   発足したばかりの野田改造内閣に、国民は厳しい評価を下した。主要各紙が2012年1月15日に発表した世論調査の結果では、野田政権が推し進める消費税の増税に「ノー」を突きつけた人が6割近くに上っている。

   内閣改造の「目玉」となった岡田克也副総理の起用には期待する声が高い半面、内閣支持率は一部で3割を切り、スタート早々「黄信号」がともった。

国会議員の定数削減「できない」8割に

世論調査は厳しい結果に
世論調査は厳しい結果に

   政府は1月6日、消費税率について2014年4月に8%、2015年に10%に引き上げる税と社会保障の一体改革の素案をまとめた。しかし世論調査では、消費増税への風当たりは強い。

   朝日新聞の世論調査結果によると、消費増税の政府案に賛成は34%、反対派57%となり、反対が6割に迫る。民主支持層でも反対が46%に及んだ。野田佳彦首相は、増税の前提として国会議員の定数削減や公務員の人件費削減の実施を挙げているが、反対派のなかで「削減はできない」と答えた割合が78%と高い。野田政権がこの「前提条件」をクリアできるかが、消費税率アップへの反発を和らげるカギのひとつになるだろうと、朝日新聞は結論付けている。

   読売新聞や日本経済新聞の世論調査でも、同様の結果となった。消費増税反対は、読売で55%、日経56%といずれも過半数を超えている。読売ではその理由として「無駄な予算の削減が不十分だ」が最も多いと指摘、日経では、増税方針を打ち出す野田首相の判断について「評価しない」との回答が46%と、「評価する」の42%を上回ったことを合わせて紹介した。

   野田首相は1月14日放送のテレビ東京の番組で、税と社会保障の一体改革について、老後だけでなく就労や子育てといった「人生前半」の社会保障を厚くしないと、持続可能な社会はつくれないと強調。「(消費)増税ばかりに焦点が当たっているが、オールジャパンで公平に税金を負担してもらい、その分を社会保障に充てていく必要がある」と説明して、国民に理解を求めた。

   しかし世論調査では、野田改造内閣への不満が浮き彫りとなった。朝日では内閣支持率が29%と3割を切った。読売、日経ではいずれも37%で、3紙とも「支持しない」が「支持する」を上回り、危険レベルに接近しつつある。

政党助成金「削減すべき」と岡田副総理

   野田改造内閣が、消費増税実現の突破口として期待を寄せるのが、岡田副総理だ。内閣支持率では低調となった世論調査でも、岡田氏の起用を「評価する」との割合は、朝日が50%、読売52%、日経55%となり、それぞれ「評価しない」を大幅に上回った。

   岡田副総理は1月15日放送のNHKの番組で、政党助成金の削減について「各党とよく相談して対応していきたい」としたが、「私は(削減)すべきだと思う」と明言。また公務員の人件費削減や国会議員の定数削減についても触れ、「(給与引き下げが)公務員は8%というなら、国会議員はそれ以上(の定数削減)、数だけではなく歳費もしっかり削っていくべき」と述べた。

   野田首相は、増税について「つらいことを(国民に)お願いしていかなければならない」とテレビ東京の番組で発言し、覚悟を示した。だが読売の世論調査では、首相が自らの政策や考えを国民に十分に説明していないと思う人は85%に上るとの厳しい結果が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中