今年のバレンタイン、早くも手ごたえ 「絆」「感謝」で静かに盛り上がる

印刷

   2月14日のバレンタインデーが近づき、小売店やメーカーのバレンタイン商戦が本格化しつつある。消費全般は低迷傾向にあるが、「2012年のバレンタインは意外と好調になるかもしれない」(菓子メーカー)との見方が強い。

   東日本大震災を機に、人と人との絆が見直される中、「家族や身近な人に感謝の気持ちを伝えたい」という思いの広がりが背景にあるようだ。

「本命」より「義理チョコ」志向

感謝の気持ちをチョコに託して
感謝の気持ちをチョコに託して

   江崎グリコが11年12月上旬、インターネット上で800人を対象に実施したアンケート調査によると、今年のバレンタインチョコの予算は約3698円で、去年より120円程度増える見通しという。

   アンケートでは、約9割が「バレンタインチョコで家族に日頃の感謝の気持ちを伝えるのはよいこと」と回答。震災後の気持ちの変化を尋ねる質問に対しては、「人とのつながりを意識するようになった」が約8割、「家族との絆が強まった」も7割弱に上り、震災で家族や周囲の人の大切さを改めて感じた人たちが、バレンタインチョコを活用したい、という姿が浮かび上がる。

   プランタン銀座が昨年12月下旬、メールマガジン会員約3万3000人を対象に実施したオンラインアンケート調査では、「義理チョコを用意する」という回答が前年比6ポイント増の70%になった。「本命チョコを用意する」が同4ポイント減の69%だったのに比べ、義理チョコへの意欲が大きくなっている。プランタン銀座は「震災を経て、いろいろな人と関わっている自分の存在を実感し、周りの大切な人たちにチョコを贈りたいとの決意がみてとれる」と分析する。

チョコで被災地支援の動きも

   そんなバレンタイン事情を受け、各社とも「人とのつながり」や「感謝」などを重視し、積極的な販売展開に乗り出す方針だ。江崎グリコは「今年のバレンタインは、友人や家族など大切な人に想(おも)いを伝える〝絆記念日〟」と呼びかけ、市販のチョコに独自のアレンジを加えて贈る「デコチョコ」などをPR。プランタン銀座も本番1か月前の1月中旬からバレンタインフェアを始め、バリエーション豊富なチョコをそろえる。

   一方、バレンタインチョコで被災地支援をしようという動きも出ている。NGO団体「日本イラク医療支援ネットワーク(JIM―NET)」は、福島とイラクの子どもたちを助ける「チョコ募金」への協力を呼びかけている。JIM―NETは2004年から、米軍による劣化ウラン弾の影響でがんにかかったとみられるイラクの子どもを支援しており、東京電力福島第1原発の事故後は、福島にも援助の輪を拡大。4缶1セットのチョコを販売し、1缶(500円)のうち300円をイラク支援、50円を福島の子どもを放射能から守る活動に充てる。

   「今年は例年になく、ふれあいや感謝に包まれた心温まるバレンタインデーになりそう」(メーカー)との期待が高まっている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中