進むユーロ安 96円台目前に迫る

印刷

   東京外国為替市場は2012年1月16日、ユーロが急落し、円に対して1ユーロ=97円04銭を付けて約11年ぶりの安値を更新し、96円台目前まで迫った。

   13日に米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がフランス、イタリアなどユーロ圏9カ国の格付けを引き下げたことで、欧州債務問題への警戒感が強まったことが背景にある。16時時点では1ユーロ97円09銭前後で推移している。

   ユーロは対ドルでも売られ、1ユーロ=1.26ドル台前半と安値圏で推移している。

   一方、円はドルに対しても小幅上昇し、1ドル=76円81銭前後(16時)で取引されている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中