玄葉外相の定例会見が日英同時通訳に

印刷

   玄葉光一郎外相の定例会見が2012年1月18日から日英同時通訳形式になった。従来、国際会議の際の会見での同時通訳はあったが、定例会見としては初めてという。

   今後も会見室で行われる定例会見で同時通訳を実施する。外務省は「発信力強化」を期待している。

パキスタン記者は「歓迎」

   1月18日の会見で、「初の英語による質問」をしたのは、月刊誌「ザ・ムスリムワールド」東京特派員のハビブウル・ラーマン・マリック氏だった。

   玄葉外相や記者の手元にあるレシーバーのイヤホンを通し、マリック氏の英語の質問が日本語に同時通訳されて聞こえる仕組みだ。

   マリック氏は、イランの核開発をめぐる制裁問題に関連して、イランへの「軍事オプション」がささやかれている現状を指摘し、玄葉外相の考えを質した。

   玄葉外相は「軍事オプションは正しい選択肢ではないと考えている」などと日本語で答えた。玄葉外相の答えは英訳され、マリック氏はイヤホンでその回答を聞いたようだ。チャンネルを切り替えれば、日英どちらでも聞くことができる。

   約20分の会見で英語による質問はこの1回だけだった。約40人の出席記者のうち、「ぱっと見」で外国人記者と思われるのは数人だった。初参加の記者もいたようだが、従来の会見でも数人を見かけることはあり、「初日から海外取材陣が急増」とはいかなかったようだ。

   会見後、マリック氏に感想を聞いてみた。マリック氏は、全日本パキスタン協会の事務局長も務めている。日本語は「会話程度」だそうで、「英語で質問でき、答えを聞くことができるのは、とてもやりやすい。日本の考えを海外へ伝える意味で(会見の同時通訳化は)とてもいいことです」と答え、歓迎していた。

   外務省によると、会見室である定例会見の日英同時通訳は、玄葉外相就任前から計画が進んでおり、予算上の関係などから実施が今の時期になったという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中