熊本の「ゆるキャラ」くまモンと被災地の縁【岩手・花巻】

印刷
人形作りに精を出す被災者の皆さん=花巻市の南万丁目会館で
人形作りに精を出す被災者の皆さん=花巻市の南万丁目会館で

(ゆいっこ花巻;増子義久)

   「着のみ着のままで投げ出されたけれど、この指先だけは忘れないでちゃんと覚えていてくれた。多くの犠牲と引き換えにいただいた命。大切にしなくては…」 ―16日、花巻市内に居を移した沿岸被災者約40人で作る「手わざの会」(佐々木睦子会長)が人形作りに挑戦した。昨年9月、「ゆいっこ花巻」の呼びかけで会を立ち上げて以来、月に1回程度の割合で小物作りになどを手がけてきた。


   福島県南相馬市出身の泉田ゆきいさん(67)は昨年暮れのクリスマスリース作りに次いで2回目の参加。自宅は福島第1原発からわずか13キロの警戒区域内。昨年4月、娘さんの嫁ぎ先である花巻市に家族4人で転居した。「津波と原発の二重被害で帰るメドも立たない。幸い、自宅は無事だったが、近くの集落では70戸の家が跡形もなく流され、63人が犠牲になった。毎日が絶望の日々だったが、この会の存在を知り、救われた気持ちになった」と泉田さん。


   全員が和裁や洋裁を趣味とする人たちで、これまでにエプロンやブローチ、リース、針刺し、鍋帽子など様々な創作品に工夫を重ねてきた。こんな活動ぶりを伝え聞いた熊本県のNPO法人から同県のPRマスコットキャラクターで、昨年度の「ゆるキャラグランプリ」に輝いた「くまモン」の関連グッズ制作の依頼が舞い込んだ。大槌町出身の佐々木会長は「これまでの活動を将来的には自立を目指す副業にしたい。また、くまモンに負けない、被災地の復興をイメージするキャラクターも考案したい」と張り切っている。


   当初は「ゆいっこ花巻」のスタッフが材料の布地を持ち寄っていたが、最近、花巻市石鳥谷町の縫製工場や閉店した洋装店などからも大量の材料提供があり、「手わざの会」としては起業化も視野に入れた取り組みも検討している。



ゆいっこ
ゆいっこネットワークは民間有志による復興支援団体です。被災地の方を受け入れる内陸部の後方支援グループとして、救援物資提供やボランティア団体のコーディネート、内陸避難者の方のフォロー、被災地でのボランティア活動、復興会議の支援など、行政を補完する役割を担っております。
ゆいっこは、「花巻」「盛岡」「北上」「横浜」「大槌」の各拠点が独立した団体として運営しておりますが、各拠点の連携はネットワークとして活用しております。
■ホームページ http://yuicco.com/
■ツイッター @iwate_yuicco

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中