会社に大もて明大生 「謙虚」で「よく働く」はホント?

印刷

   「文句を言わずによく働く」「どこまでも謙虚」「粘り強い」――。企業で、「明大生」の評判がすこぶるいいようだ。

   週刊現代(2012年1月21日号、講談社刊)が特集した「明大卒がなぜ会社で人気なのか」が、ネット掲示板などで話題になっている。いまや早稲田大学を抜いて、大学志願者数で2年連続日本一となった明治大学。最近は「就職に強い」ともいわれ、その人気は「うなぎ登り」である。

「ワセダコンプレックス」が明大生を強くする

明大生の評判は、企業にすこぶるいいようだ(写真は、明治大学のホームページ)
明大生の評判は、企業にすこぶるいいようだ(写真は、明治大学のホームページ)

   週刊現代の記事によると、明大生は旧帝大や早慶の入試に落ちて、明大に入学した学生が多い。なかでも「バンカラ」な校風が似ている早大へのライバル心は強く、「ワセダコンプレックスこそが明大生のエネルギーの源泉」と、当の明大文学部心理社会学の高良聖教授がそういうくらいだ。

   たしかに、大学ラグビーでは伝統の早明戦が毎年のように盛り上がり、このときばかりはOBもどこかピリピリしている。記憶に新しいのは2012年の箱根駅伝。明大は最後の10区で早大を逆転して総合3位に入ったが、ゴール前では「早大に勝った」というだけで優勝したかのように大喜びだった。

   勉強で負けた悔しさ、劣等感、挫折をバネにコツコツと努力を重ねる明大生。その「伝統の愚直さは、社会に出ても生き残っている。そして重宝されている」という。

   明大は全国的には学力でも上位にあるブランド大学ではあるが、学生には「二流」意識が強い、という。ただ、それが「負け犬根性」ではなく、「学歴を鼻にかけない」謙虚さとして表れている。「辛抱強い」「打たれ強い」ことも、企業が明大生を「評価」するところのようだ。

   大学ジャーナリストで「アホ大学のバカ学生」(光文社新書)の著者、石渡嶺司氏は、こう分析する。

   企業からみると、旧帝大や早慶クラスはプライドが高すぎて使い勝手が悪い。一方、日東駒専(日本、東洋、駒沢、専修)より下のクラスになると、大学での勉強を疎かにして、社会常識も知らないといった学生が出てきて、これも困る。

   「MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)はそのあたりを学生が自覚していて、卑屈ではないし、素直さや意欲がある。それらが採用担当者には謙虚に映るのだと思います」。なかでも明大は、「大学全体に勢いがありますが、就職支援での大学の頑張りを、学生がわかって行動しているところがいい」とみている。

「中小企業でトップ目指す」したたかさ

   もちろん、ネット掲示板には反論もある。

「堪え性が無く、よく辞めて行くのが明治」
「明治が謙虚って違和感あるな。むしろ中小企業のトップってイメージだったと思うが」

といった具合だ。

   金融業界に身を置き、自身も明大出身者は「明大卒は地方銀行や信用金庫などに多いですよ。メガバンクだと東大や早慶卒がたくさんいますから、少々敷居が高い。地銀や信金は地方ではエリート集団ですし、待遇も身持ちも悪くない。だから、そのあたりでちょうどいいと思っているんです。ある程度の出世も期待できますし、そのあたりはちゃんと計算していますよ」と話す。

   明大は2011年に創立130周年を迎え、10年、11年と2年連続で大学志願者数「日本一」となるなど、受験生やその親の人気は絶大だ。「最近は女子学生が増え、男っぽい、バンカラなイメージも薄れつつあります」と、前出の石渡嶺司氏。政財界ほか、人気女優の北川景子さんや井上真央さん、俳優の向井理さんも卒業生にいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中